VIXX ホンビン、「空から降る一億の星」でたくましくキュートな熱血青年を演じる…存在感輝く姿に注目

写真=tvN「空から降る一億の星」放送画面キャプチャー

VIXXのホンビンが、3日に初放送されたtvN新水木ドラマ「空から降る一億の星」まで、休む間もなく演技活動を続けた。

ホンビンは「空から降る一億の星」の第1話に登場し、熱血青年の自然な姿を演じた。ドラマ「魔女の愛」に続いてすぐに「空から降る一億の星」にキャスティングされたホンビンは、前作の姿を完全に脱ぎ、前だけを見て走るノ・ヒジュン役に臨んだ。

ホンビンが演じるノ・ヒジュンは、ブルワリーの見習いの助手であり、パブ「アーツ」梨泰院(イテウォン)店のアルバイトだ。学費を稼ぐためにきつい仕事をいとわない、元気な青年だ。

ホンビンは展示会の会場に駐車された外車に興味を示し、ビールの樽を肩にのせて自分のやるべきことを全うする姿で、20代の青年の日常を見せた。

殺人容疑者であり、まったく心の内を知ることができないムヨン(ソ・イングク)とは、幼い頃に保育院で一緒に育った仲でもあり、今後、ムヨンとの関係で様々な姿を見せる予定だ。

ホンビンは2014年のSBSドラマ「気分のいい日」で演技デビューをし、KBS 2TV「ファンタスティック・クラブ」、ウェブドラマ「恋はマネーゲーム」、SBS Plus「水曜日午後3時30分」などを通じて視聴者と会った。前作「魔女の愛」では素朴なウェブ漫画作家ファン・ジェウクのキャラクターを演じて、最後まで純粋なロマンス演技で注目を集めた。

短い登場でも存在感が輝いたホンビンの活躍が期待される「空から降る一億の星」は、毎週水、木曜日の夜9時30分にtvNで放送される。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな