B1A4 シヌゥ、新ドラマ「ミス・マ、復讐の女神」で本格的に役者デビュー…事務所と再契約後初の活動

写真=WMエンターテインメント

B1A4のシヌゥが本格的に役者デビューする。

5日、所属会社WMエンターテインメントは「シヌゥが6日夜9時5分に初放送されるSBSの新週末特別ドラマ『ミス・マ、復讐の女神』に出演する」と明らかにした。

シヌゥはドラマ「ミス・マ、復讐の女神」で巡査ペ・ドファン役を演じる。ぺ巡査は警察としての使命感はないが、ソ・ウンジ(コ・ソンヒ)の登場以来、彼女の心をつかむために民衆の奉仕者の役を始める人物だ。過去にシットコム(シチュエーションコメディー:一話完結で連続放映されるコメディードラマ)には出演したが、本格的な演技デビューは今回が初めてなシヌゥは「ミス・マ、復讐の女神」の出演を通して、本格的に俳優としての第一歩を踏み出す予定だ。

これまでシヌゥはKBS 2TVのシットコム「天女がいなきゃ?!」を通じて和やかな容姿の男子高生として出演し、別名“メガネ男”としてデビューと同時に熱い人気を集めながら、話題を集めた。それ以降ミュージカル「三銃士」「チェス」などを通じて安定した演技力や爆発的な歌唱力を認められ、ミュージカル界の新人として注目を集めた。

これまでミュージカル活動で築いた演技の能力が、これからドラマを通じてどのような相乗効果を発揮するかに期待が高まっている。さらに、所属事務所との再契約後の最初の活動なので、さらに注目が大きくなる状況だ。

「ミス・マ、復讐の女神」は推理小説の女王アガサ・クリスティの作品のうち、女性探偵「ミス・マープル」の話のみを集め、韓国国内で初めてドラマ化される作品だ。娘を殺したという濡れ衣を着せられて絶望に陥ったある女性が、娘を殺した真犯人を探す過程で、優れた推理力を発揮して他の事件まで解決するストーリーを盛り込んでいる。

 記者 : ウビン、翻訳 : 浅野わかな