話題のドラマが多数ノミネート!「2018 APAN STAR AWARDS」今年の男女人気賞に輝いたのは?

写真=FNCエンターテインメント、NAMOO ACTORS

韓国芸能マネジメント協会が10日、「Kスターグループと共にする『2018 APAN STAR AWARDS(アジア太平洋スターアワード)』のKスター人気賞の男女受賞者に、それぞれ俳優チョン・ヘインと女優パク・ミニョンが選ばれた」と明らかにした。

「2018 APAN STAR AWARDS」は13日、慶煕(キョンヒ)大学平和の殿堂で韓国芸能マネジメント協会が主催・主管し、Kスターグループが後援するドラマの授賞式だ。

「Kスター人気賞」投票は9月6日から28日までKスターグループSTARPLEアプリケーションを通じて行われた。「Kスター人気賞」男性候補には、俳優パク・ソジュン(tvN「キム秘書がなぜそうか」)、ヤン・セジョン(SBS「愛の温度」)、イ・ドンウク(JTBC「ライフ」)、イ・ビョンホン(tvN「ミスター・サンシャイン」)、イ・ジョンソク(SBS「あなたが眠っている間に」)、チョン・ヘイン(JTBC「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」)がノミネートされた。

「Kスター人気賞」女性候補には、女優キム・ミンジョン(tvN「ミスター・サンシャイン」)、キム・テリ(tvN「ミスター・サンシャイン」)、パク・ミニョン(tvN「キム秘書がなぜそうか」)、miss A出身スジ(SBS「あなたが眠っている間に」)、ソン・イェジン(JTBC「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」)、IU(tvN「私のおじさん」)がノミネートし、接戦を繰り広げた。

最終投票結果で、「Kスター人気賞」の男性受賞者にはチョン・ヘインが、女性受賞者にはパク・ミニョンが最終確定した。チョン・ヘインはJTBC「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」でゲーム会社のアートディレクターソ・ジュニ役を演じ、大きな話題を巻き起こし、パク・ミニョンはtvN「キム金秘書がなぜそうか」で秘書キム・ミソ役で人気を得た。チョン・ヘインとパク・ミニョンはそれぞれ「中編部門男優演技賞」候補、「中編部門女優優秀演技賞」候補にもノミネートされている。

2012年に始まり、今年6回目を迎えた「2018 APAN STAR AWARDS」は韓国内のすべてのチャンネルのドラマとその作品に出演した俳優たちを対象とする授賞式で、ソン・チャンウィプロデューサーの企画及び総演出でtvNを通じて放送される。

これまで前KBS TV制作本部長であり、現韓国ドラマ研究所所長のイ・ウンジン審査委員長を筆頭に「2018 APAN STAR AWARDS」の審査委員団が構成された。2017年9月2日から2018年9月2日までMBC、KBS、SBS、tvN、JTBC、OCN、MBN、TV朝鮮など全放送局でオンエアされた計93篇(中編71篇、長編22篇)のドラマを対象に本賞のノミネート候補を発表した。

「2018 APAN STAR AWARDS」側は男女新人賞、男女演技賞、中・長編優秀男女演技賞、中・長編最優秀男女演技賞、大賞をはじめ、Kスター人気賞、グローバルスター賞、ベストマネージャー賞、作家賞、演出賞、メイクスターOST(劇中歌)賞、今年のドラマ賞など20部門を授与することになる。

「グローバルスター賞」は2016年の授賞式では俳優イ・ビョンホンが受賞したのに続き、今年はパク・ヘジンが選ばれた。韓国芸能マネジメント協会で授与する唯一の部門の「ベスト・マネージャー賞」の受賞者としては、JTBC「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」で大賞候補に挙がった女優ソン・イェジンと、デビューの頃から今まで約18年間一緒にしているMSTEAMエンターテインメントのキム・ミンスク代表が選ばれた。

「APAN STAR AWARDS」の歴代グランプリ受賞者としては、俳優ソン・ヒョンジュ(第1回)、女優ソン・ヘギョ(第2回)、俳優チョ・インソン(第3回)、俳優キム・スヒョン(第4回)が選ばれ、第5回の大賞は俳優ソン・ジュンギが受賞した。

パク・ミニョン、ドラマ「キム秘書がなぜそうか」の成功に対して言及“喜ぶよりは、自制する”

チョン・ヘイン「ビールの泡のような人気に心酔しないように…」

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな