IZONE 矢吹奈子&本田仁美、韓国語を猛勉強!日本人メンバーの挑戦にファンも注目(動画あり)

写真=IZONE公式SNS

IZONEの日本人メンバー矢吹奈子と本田仁美の韓国語の勉強の様子に、ファンが熱く応えた。

IZONEは昨日(9日)、ハングルの日を迎え、NAVERのライブ配信アプリ「V LIVE」のIZONE公式チャンネルを通じて「ヒヒナッラク韓国語教室 #1」を行った。

最初に、学校のベルの音とともに矢吹奈子と本田仁美が登場した。2人はハングルの日を迎えた記念に韓国語を学ぶと発表し、メンバーのキム・ミンジュとチョ・ユリが2人の韓国語の先生を買って出た。

特に矢吹奈子と本田仁美は、韓国語の名前の書かれた名札を準備して注目を集めた。発音から借用したハングルの名前は、矢吹はナ・ブクヒ、本田はホン・ダヒだった。二人は紙にそれぞれナ・ブクヒ、ホン・ダヒと書いてみたりもした。

さらに書き取りを行った2人は慣れないにもかかわらず、一筆一筆一生懸命にハングルを使って書き、またファンに向けた告白タイムでは、キュートさ溢れる姿でチョ・ユリに習った方言を応用し、笑いを誘った。

勉強一筋モードに入ったIZONEのメンバーたちの姿に、ファンも応えた。授業中には、一気に韓国の主要ポータルサイトのリアルタイム検索ランキングで上位圏にランクインしたり、実際、同日の放送は20万人が視聴し、ハート数もIZONEの「V LIVE」スタート時以来、歴代最高記録である約7千万個を達成し、熱い話題性を立証した。

Mnetサバイバル番組「PRODUCE48」を通じて誕生したガールズユニットIZONEは、チャン・ウォニョンを筆頭に宮脇咲良、チョ・ユリ、チェ・イェナ、アン・ユジン、矢吹奈子、クォン・ウンビ、カン・ヘウォン、本田仁美、キム・チェウォン、キム・ミンジュ、イ・チェヨンまで計12人のメンバーで構成され、現在正式デビュー準備に向けて総力を傾けている。

 記者 : ウビン、翻訳:浅野わかな