キム・ヘス&ユ・アイン&ヴァンサン・カッセルら出演映画「国家破産の日」11月28日に公開…予告ポスターにも注目


写真=映画配給会社「家」、CJエンターテインメント

キム・ヘス、ユ・アイン、ホ・ジュノ、チョ・ウジン、そしてヴァンサン・カッセルが出演する映画「国家破産の日」が11月28日に公開を確定し、予告ポスター2種類を公開した。

「国家破産の日」は国家破綻まで残りの一週間、危機を阻止しようとする人と危機に賭ける人、そして会社と家族を守ろうとする平凡な人まで、1997年のIMF危機の中、お互いに違う選択をした人々の話を描いた作品だ。独歩的存在感の女優キム・ヘス、俳優ユ・アイン、ホ・ジュノ、チョ・ウジンと世界的俳優ヴァンサン・カッセルの韓国での初映画出演に期待が集まっている。映画制作陣は1997年に、国家破産の危機を生きた人物たちの姿を描いた予告ポスター2種類を公開した。

公開されたポスターは1997年に史上最大の経済危機に直面した人物の姿と、IMF交渉現場の対比で、劇的な緊張とドラマを予告する。韓国銀行の通貨政策チーム長ハン・シヒョン(キム・ヘス)は危機を予見し、対策を立てた唯一の人物だ。ピンチをチャンスにしようとする金融マンのユン・ジョンハク(ユ・アイン)は思い切って辞表を出し、大黒柱のガブス(ホ・ジュノ)は会社と家族を守るために奮闘する。財政局の次官(チョ・ウジン)は混乱を防ぐためにむしろ危機を覆い隠そうとしている。国家破綻の危機を控え、互いに異なる選択をすることになる4人の食い違った表情が盛り込まれたポスターは、それぞれの運命を変えたその日のストーリーに対する好奇心を高める。また、韓国政府とIMF総裁(ヴァンサン・カッセル)が握手で交渉を締結する歴史的瞬間を収めたポスターは、誰も予測できなかったその日の危機と変化の雰囲気をありのままに見せ、視線を集中させる。

今回のポスターで専門性と信念を備えた女性キャラクターとして戻ってきたキム・ヘスが、危機を防ぐために孤軍奮闘する姿を垣間見ることができる。危機対応方式を巡って、キム・ヘスと対立するチョ・ウジンの演技も期待される。また、危機を直感し、賭けを始める人物として複合的な姿を見せてくれるユ・アイン、この時代を生きる平凡な大黒柱として共感を呼び起こすホ・ジュノと、譲歩のない交渉を展開し、映画に緊張感を吹き入れるヴァンサン・カッセルの登場もまた映画に対する好奇心を高める。

 記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 浅野わかな