Red Velvet ウェンディ&ジョン・レジェンド、デュエット曲「Written In The Stars」のMVにも出演…熱演を披露

写真=SMエンターテインメント

世界的なアーティストである、ジョン・レジェンドとRed Velvetのウェンディがコラボしたデュエット曲「Written In The Stars」が19日午後6時、各種音楽配信サイトで公開される。

これはSM「STATION X 0」の5番目の曲だ。プロモーションビデオもYouTubeのSMTOWNやステーションチャンネル、NAVER TVのSMTOWNチャンネルで同時に公開される。

ジョン・レジェンドとウェンディはミュージックビデオにも自ら出演し、熱演を繰り広げた。

また今回のミュージックビデオは、米ヒップホップグループ Migosの「Stir Fry」、ポップ歌手Halseyの「Sorry」などのミュージックビデオを演出した、Sing J. Lee監督がクリエイティブディレクターを務めた。叙情的な曲の雰囲気に合わせて、毎日自宅に向かう道で偶然出くわす2人の男女がお互いを思い浮かべながら感じる感情を、感覚的な映像で表現した。

「STATION X 0」はSMデジタル音源公開チャンネル「STATION」とSKTのカルチャー・ブランド「0」がともにアーティストのコラボレーションで誕生した楽曲を順次公開している。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな