SEVENTEEN「Don’t Wanna Cry」MV再生回数1億回を突破…多くの1位を獲得した人気の楽曲

写真=Pledisエンターテインメント

SEVENTEENが4thミニアルバム「AL1」のタイトル曲「Don’t Wanna Cry」のミュージックビデオで動画サイトYouTubeの再生回数1億回を達成した。

23日、昨年5月に公開された「Don’t Wanna Cry」のYouTube再生回数が1億回を超えた。SEVENTEENは人気を立証した。

何よりも「Don’t Wanna Cry」は、SEVENTEENがデビュー後初めて“悲しみ”というテーマを打ち出した曲だ。切ない感性とSEVENTEEN特有の爽やかな雰囲気を活かして好評を得た。多くの音楽番組でも1位を獲得した。

それだけでなくSEVENTEENは「AL1」で発売第1週で18万枚のアルバム販売枚数を記録した。今年7月に発売した5thミニアルバム「YOU MAKE DAY」は、初動販売枚数の計27万枚を超えた。

SEVENTEENは11月3日と4日、ソウル芳夷洞(バンイドン)のオリンピック公園体操競技場でアンコールコンサートを開催する。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな