IU、デビュー10周年を振り返る「新人時代は手当たり次第に…戦闘力は最高だった」(動画あり)

写真=KBS

歌手IUが、人気のなかった過去からtvN「私のおじさん」の撮影放棄を決心した過去まで告白する。

27日に放送されるKBS 2TVのバラエティ番組「会話の喜び」では、IUが8回目のゲストとして出演する。

2008年に15歳でデビューしたIUは、今年でデビュー10周年を迎えた。爽やかな少女から大衆の心を揺さぶるアーティストに成長したIU。IUは「会話の喜び」で、デビュー10周年を振り返る率直な時間を持った。

IUといえば真っ先に思い浮かぶのは、数多くのヒット曲だろう。実はIUはデビューと同時に爆発的な人気を得た歌手ではなかった。IUは「どうやってでも生き残らなければならないという思いで、手当たり次第すべてを尽くした。戦闘力は最高だった」と話し、自ら仕事を探していかなければならなかった新人時代について打ち明けた。

記憶に残る過去のステージのエピソードも公開した。IUは競馬場で歌ったことがあるといい、「観客が私よりも馬に関心があった」という当時では笑えないような経験を話した。覇気に満ちあふれていた10代のIU、その分だけ悩みも多かった少女のIUは当時、どのような気持ちで新人時代を過ごしたのだろうか。

このほかにもIUは22歳で訪れた人生初のスランプから、プロデュースを始めようと決心したきっかけ、ドラマ「私のおじさん」の撮影放棄まで考えたエピソード、歌手のIUではない若者イ·ジウンの話まで聞かせてくれる。私たちが知らなかったIUの告白が視聴者の胸に迫るとみられる。

「会話の喜び」は毎週土曜日の夜10時50分に放送されている。

 記者 : ウビン、翻訳:浅野わかな

Tagged