公園少女、1stミニアルバム「夜の公園 part one」での活動が終了…海外スケジュールに突入


写真=KIWIメディアグループ

新人ガールズグループの公園少女(GWSN)が、8週間のデビュー活動を成功裏に終えた。

公園少女は昨日(28日)韓国で放送されたSBS「人気歌謡」のステージを最後に、デビュー曲「Puzzle Moon」での公式活動をすべて終えた。

公園少女は「1stアルバム『夜の公園 part one』の活動が終わった。最後のステージまで応援してくれたファンに感謝する。もっと素敵な音楽で戻ってきたい」と話した。

公園少女は、11月3日に大邱と釜山、そして4日にはソウルでファンサイン会を開催する。続いて11月10日には、米ダラスで開かれる在米韓国人フェスティバル「2018 ダラスコリアンフェスティバル」から公式招待を受け、海外スケジュールも行う予定だ。

先月5日にデビューした公園少女は、複数の音楽番組に出演し、これまで培ってきた実力を見せてくれた。デビュー3日目にリアルタイムのアルバム販売チャートで1位を獲得し、人気を集めた。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな