Apink チョン・ウンジ、本日放送「アンニョンハセヨ」に出演…8歳年下の弟をもつ“姉の一面”も


写真=KBS 2TV

Apinkのチョン・ウンジが、“殺伐”と“清純”を行き来する演技力を披露する。

本日(29日)韓国で放送されるKBS 2TV「国民トークショー アンニョンハセヨ」では、ストーリーの主人公と一体となったチョン・ウンジの演技パレードが繰り広げられる。

同日チョン・ウンジは、末っ子の弟を怖がらせる恐ろしい姉から、勝手に整理して怒る母親まで、一般人のエピソードに感情移入した。

大きな目で声まで変わり、かっとするチョン・ウンジのリアルな演技は、現実的だった。現実の姉のカリスマ溢れるリアルな表情と「とっとと走ってこないのか」「なめてんのか」「何もするな」など、聞くだけでも背筋が凍る台詞が続くと、ところどころから「すごく似合ってる」「リアルだ」などという声があがった。

特に、台本にもないアドリブでエピソードを読んでいたシン・ドンヨプとビョン・ギスを慌てさせた。

実際に8歳年下の弟がいるというチョン・ウンジは「(普段は)絶対にこんなことは言わない」と、天使のような顔で言った。母親の適当な整理整頓に、宝物を探すかのように物を探さなければならないという息子の不満混じりの悩みには「本人が少し片づけよう」というストレートな発言で笑いを誘ったという。

このようなチョン・ウンジの活躍ぶりが視聴者に面白さを届けるだろうと期待される中、もう一枚の写真の中のチョン・ウンジは涙を流しそうな表情を浮かべており、その理由が何なのか関心が高まっている。

「アンニョンハセヨ」は毎週月曜日夜11時10分より放送されている。

 記者 : ウビン、翻訳 : 浅野わかな