スヨン&チェ・テジュン&キム・テギュン監督「第8回バリアフリー映画祭」広報大使に任命

写真=バリアフリー映画委員会

女優のスヨンとチェ・テジュン、映画「暗数殺人」のキム・テギュン監督が、2019バリアフリー映画の広報大使に任命された。社団法人バリアフリー映画委員会は11月7日に韓国映像資料院シネマテークKOFAで開かれる「第8回ソウルバリアフリー映画祭」の開幕式で広報大使任命式を行う予定だ。

「暗数殺人」で評壇と観客から高評価を得ているキム・テギュン監督は、2014年バリアフリー短編映画「キラキラ ドキドキ」を演出し、バリアフリー映画と縁を結んだことがある。一般バージョンとバリアフリーバージョンでソーシャルメディアで上映されている「キラキラ ドキドキ」は相変らず多くの再生数を記録し、バリアフリー映画に対する大衆の認識を広げる契機になっている。

ドラマ「私の人生の春の日」を通じ、2014年にMBC演技大賞女性優秀演技賞を受賞して演技力を認められたスヨンは、ドラマ「元カレは天才詐欺師~38師機動隊~」「今日、妻やめます~偽りの家族~」、日韓合作映画「デッドエンドの思い出」などを通して活発な演技の歩みを続けている。スヨンは映画とドラマの撮影を行き来する忙しい渦中にも、バリアフリー映画の趣旨に共感して快く広報大使を受諾した。

スヨンと新ドラマ「だから私はアンチファンと結婚した」で呼吸を合わせる俳優チェ・テジュンは、映画「ペースメーカー」「カッター」を通じて観客に存在を知らせた。2014年のドラマ「母の庭園」ではMBC演技大賞男性新人賞を受賞した。

今回の映画祭の観客広報大使には視覚障害者広報大使シン・ジェヒョク、聴覚障害者広報大使ウ・スンホ、非障害者広報大使チョン・イェヒョンが選ばれた。シン・ジェヒョク氏はMBCスターオーディション「偉大な誕生」に出演したシンガーソングライターで、デジタルシングルとフルアルバム「WITH YOU」を発売したミュージシャンだ。ウ・スンホ氏は大田(テジョン)市議会議員で、聴覚障害者の共感と疎通のために活発に活動している。チョン・イェヒョン氏はSK大学生ボランティア団SUNNYで、短編映画2編をバリアフリー映画で製作した経験がある。

第8回ソウルバリアフリー映画祭は11月7日から11日まで、韓国映像資料院シネマテークKOFAで障壁のない映画祭を繰り広げられる予定だ。観覧料は無料となっている。

 記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 安裕美