米ビルボード、gugudanの新曲「Not That Type」を紹介“K-POPについて創意的なアプローチをしてきたグループ”

写真=米ビルボードサイト画面

gugudanが米ビルボードのスポットライトを浴びた。

米ビルボードは今月7日(現地時間)ホームページで、9ヶ月ぶりに3rdミニアルバム「Act.5 New Action」で戻ってきたgugudanの新曲発売のニュースについて紹介した。

「Act.5 New Action」を通じて5番目の変身に挑戦したgugudanのカムバックを紹介し、ダイナミックなタイトル曲「Not That Type」について集中的に紹介した。gugudanとカムバックタイトル曲「Not That Type」の紹介と共にミュージックビデオのフルバージョンまで公開した。

米ビルボードはgugudanのカムバックタイトル曲「Not That Type」について「gugudanがパワフルな歌唱力を強調し、エネルギーとカリスマを発散する」と評価した。タイトル曲「Not That Type」は刺激的なビート、ユニークなシンセサウンド、華やかなブラスサウンドの調和が際立つ歌で、gugudanの自由でありながら堂々とした変身を表現した曲だ。

gugudanについては「アルバムごとに新しいコンセプトやジャンル、テーマなどについての変化を与えながら、K-POPに対して創意的なアプローチをしてきた」と評価しており、メンバーたちがそれぞれ差別化された魅力を発散し、一緒に調和する姿を図っているとして今回のアルバムコンセプトについて引用した。

米ビルボードからスポットライトを受けたgugudanは、今月8日にMnetの「M COUNTDOWN」で初カムバックステージを披露し、華やかに帰ってきた。この日、スポーティーなルックでステージに上がったgugudanは、タイトル曲「Not That Type」と収録曲「Be Myself」を相次いで披露し、ブラックなカリスマ性あふれる魅力を発散し、視聴者の目を虜にした。

gugudanは12月1、2日に初の単独コンサート「gu9udan 1st concert PLAY」を開催する。

 記者 : ウビン、翻訳 : 浅野わかな