JYJ ジュンス、5年ぶりにミュージカル「エリザベート」出演決定…除隊後初の作品

写真=EMK

JYJのジュンスが軍隊除隊後の初作品として、ミュージカル「エリザベート(Das Musical ELISABETH)」に“死(Der Tod)”役で出演する。

ジュンスは2012年の初演と2013年のアンコール公演で卓越した歌唱力と演技力、舞台を圧倒するパフォーマンスで、「原作者が意図した死のキャラクターを最も完璧に表現した」と称賛された。「第18回 韓国ミュージカル大賞」で主演俳優賞を受賞したりもした。ジュンスは除隊後に数多くのラブコールを受けたが、「エリザベート」への出演を決め、キャラクターと作品に対する並々ならぬ愛情を示した。ジュンスは「死役として再び舞台に立てることができて幸せだ。観客の皆さんが長い間待ってくれただけに、忘れられない素晴らしい公演をお見せする」と抱負を語った。

ジュンスは2010年に「モーツァルト!」でミュージカルデビューした後、「エリザベート」「DRACULA」「デスノート The Musical」「ドリアン・グレイ」など出演作品ごとに彼ならではの個性でキャラクターを構築し、とてつもないチケットパワーを見せ、作品の大成功をリードし、韓国ミュージカル界の拡大をリードしてきた独歩的な俳優だ。約5年ぶりにミュージカル「エリザベート」の死役で戻ってくる彼の活躍が期待される理由でもある。

ミュージカル「エリザベート」「モーツァルト!」「レベッカ」を誕生させた世界的巨匠ミヒャエル・クンツェ(Michael Kunze)とシルヴェスター・リーヴァイ(Sylvester Levay)の作品で、1992年にオーストリアのアン・デア・ウィーン劇場(Theater an der Wien)での初演以降、27年間、ドイツ、スイス、ハンガリー、フィンランド、イタリア、オランダ、中国、日本など世界12ヶ国で公演を行い、累積観客数1100万人を突破した世界的な興行作であり、独歩的なスタディーセラーだ。

ミュージカル「エリザベート」は11月17日から2019年2月10日まで、ブルースクエアInterparkホールで公演される予定だ。

 記者 : ウビン、翻訳 : 浅野わかな