MATILDA、2年ぶりのカムバック…11/19に新曲「秋と冬の間」を発売

写真=BOX MEDIA

MATILDAが嬉しいカムバックのニュースを伝えた。

16日、MATILDAの所属事務所のBOX MEDIAは、「MATILDAが約2年という空白期を破り、19日に「秋と冬の間」を発売する。多くの関心をお願いしたい」と伝えた。

「秋と冬の間」はこれまでMATILDAがやってきたスタイルを外れた、R&B POPバラード曲だ。実力派ボーカルグループとして人々から認知されているだけに、MATILDAは今回の新曲を通じて、一風変わった魅力でファンと会う予定だ。

またMATILDAは「秋と冬の間」のミュージックビデオストーリーとアルバムジャケットのイメージ制作に自ら参加し、ファンのことを考える恋しさを込めたこともさらに意味深い。

MATILDAは2016年シングル「Macarena」でデビュー後、地道なアルバム活動と共にKBS 2TVアイドル再起番組「The Unit」に出演して、多彩な魅力を表現した。

また現在メンバーのダナは、父で歌手のパク・ハッキと一緒にチャンネルA「パパ本性」で“ワナビー親子”として活躍しており、ヘナはミュージカル「ジキル・アンド・ハイド」の女性ヒロインのルーシー役にキャスティングされ、2019年5月19日まで公演を続ける予定だ。

MATILDAの新曲「秋と冬の間」は19日正午、各種音楽配信サイトで公開される。

 記者 : ウビン、翻訳 : 浅野わかな