VIXX エン「『赤い月青い太陽』で演じる役のため、甥や姪から流行ソングを学んでいる」


写真=10asia DB

MBC「赤い月青い太陽」に出演するVIXXのエンが出演の感想を語った。

20日午後、ソウル上岩洞(サンアムドン)のMBCゴールデンマウスホールで「赤い月青い太陽」制作発表会が開かれた。

エンはドラマの中で、児童センターの施設管理チームに勤めるイ・ウノ役を演じる。

この日、エンは「まだ撮影はあまり行っていない。ウノは子供たちを愛する人物なので、子供たちと一緒のシーンが多い。子供が好きなサメソングも覚えた」と話して笑いを誘った。

続いて「甥っ子姪っ子が7人いる。甥や姪に子供たちの間で流行しているダンスと歌を学んでいる。機会があればお見せしたい」と冗談交じりに語った。

「赤い月青い太陽」は謎の子供、謎の事件と出会ったある女性がポエム(詩)を手がかりに真実に迫るミステリースリラードラマだ。MBC「華政(ファジョン)」「秘宝の秘密」などを演出したチェ・ジョンギュプロデューサーとMBC「ケ・セラ・セラ」、SBS「アチアラの秘密」などを執筆したト・ヒョンジョン脚本家がタッグを組んだ。21日午後10時、「私の後ろにテリウス」の後番組として韓国で初放送される。

 記者 : ユ・チョンヒ、翻訳 : 浅野わかな、写真 : イ・スンヒョン