RAINZの無期限活動休止からソロ活動へ…ジュ・ウォンタク、11/26に「In The Light」を発表

写真=2able Company

プロジェクトグループRAINZ出身の歌手ジュ・ウォンタクが本格的なソロ活動に乗り出す。

ジュ・ウォンタクは19日から公式SNSチャンネルを通じて、新曲「In The Light」のスポイラーイメージをはじめとするプロモーションスケジュールを公開した。

公開されたプロモーションスケジュールによると、ジュ・ウォンタクは21日、最初のミュージックビデオ予告映像をはじめとし、22日には予告イメージ、23日には2番目のミュージックビデオ予告映像、24日には2番目の予告イメージとNAVERライブ映像配信アプリ「V LIVE」の生放送、25日には3番目のミュージックビデオ予告映像とスペシャルミーティングまで、多様なコンテンツ公開を予告している。

特にスポイラーのイメージの中には、ジュ・ウォンタクの唇や耳、目などが写っており、関心と共にカムバックへの期待も高まっている。

プロジェクトグループRAINZのメンバーとして活躍し、多くの愛を受けたジュ・ウォンタクは、アルバムの他にも演技やOSTへの参加など、活発な活動でファンに出会ってきた。

最近、ウェブドラマ「愛は映画のようではなかった」の撮影を終えたジュ・ウォンタクは26日正午、各種音楽配信サイトでシングル「In The Light」を公開する。

RAINZ、無期限活動休止を発表…最後は10月28日の日本活動で締めくくり

RAINZ ジュ・ウォンタク、ウェブドラマ「愛は映画のようではなかった」に出演決定…魔性の男を演じる

 記者 : ウビン、翻訳 : 浅野わかな