BLACKPINK ジェニー「SOLO」が10日連続で音源チャート1位…25日「人気歌謡」でソロステージ初披露

写真=YG ENTERTAINMENT

BLACKPINKのジェニーが初のソロ曲「SOLO」で、10日連続でリアルタイム音楽配信チャートでトップの座を占めている。

ジェニーの「SOLO」は12日の発売直後から21日午前10時現在まで韓国国内の音楽配信サイトのリアルタイムチャートで1位となり、熱い関心を受けている。

韓国の音楽配信チャートで女性ソロアーティストの強みは高く評価されているが、ジェニーは強力な火力を誇っている。特にMelOnをはじめ、NAVER MUSIC、Olleh Music、Bugs!、Soribada、genie、Mnet、Monkey3などの全音楽配信サイトで発表された11月第2週目の週間チャートを総なめにした。このようにジェニーは、リアルタイムとデイリーチャートで1位を獲得することに止まらず、週間チャートまで占領して、止まることのない疾走を続けている。

またジェニーのミュージックビデオは再生回数7000万回突破を目前にしている。ミュージックビデオは15時間で1000万回を突破したのに続き、急激なクリック数の上昇で公開後約6日で6000万回を突破し、女性ソロ歌手の最短期間突破記録を塗り替えた。

ミュージックビデオだけでなく、振付映像の再生回数も爆発的な反応だ。今週末、音楽番組の放映中止を受け、16日に特別公開した振付映像「SOLO」の“CHOREOGRAPHY UNEDITED VERSION”は現在1500万回に迫っている。17日午後に公開された「SOLO」の“CHOREOGRAPHY ALTERNATE EDITED VERSION”もやはり150万回を突破した。

ジェニーは「SOLO」発売直後、40ヶ国のiTunesで1位にランクインし、世界的なポップスターのレディー・ガガとアリアナ・グランデを抑え、iTunesのワールドワイドソングチャートの1位を獲得し、韓国女性ソロ歌手の新たな歴史を書いた。

このように自身の存在感を立証しているジェニーは、25日に「人気歌謡」で初のカムバック放送を行う。初のソロステージであるだけに、ファンの期待は最高潮に達している。

 記者 : ウビン、翻訳 : 浅野わかな