「暗数殺人」チュ・ジフン“1年でこんなに多くの作品に…本当にありがたい”

写真=SHOWBOX

ノーメイクの荒い肌、剃りあげた髪、がめつい釜山の方言に、厚かましく卑劣な表情まで……。私たちが知っている俳優なのかと目を疑うほどだ。チュ・ジフンは映画「暗数殺人」で“絶対的な悪党”として帰ってきた。見栄とユーモアを兼ね備えた現世のヘ・ウォンメクと高麗を守ろうとした前世の武士ヤマネコ(映画「神と共に-因と縁」)、そして鋭い眼差しを持った原則主義者の北朝鮮の軍人(映画「工作」)に続き、またしてもキャラクターの変身だ。今年に入って、3本の映画で卓越した演技を披露し、ヒット保証俳優として生まれ変わったチュ・ジフンに出会った。

――「暗数殺人」という単語があまり聞き慣れないが、その意味を知っていましたか?

チュ・ジフン:映画を通じて初めて知りました。タイトルだけ見て、非倫理、痴情、殺人劇だと思いました。台本を読んだマネージャーが、面白いと推薦してくれたので、僕も読んでみるようになりました。

――予想していた内容とは全然違う内容で驚きましたか?

チュ・ジフン:とても強烈でした。

――実話を元にしているので、犯罪劇でもアクションシーンがありませんでした。アクションがあったとしたら、もっと気軽に視線と興味を誘発することができたのではないでしょうか?

チュ・ジフン:ありふれたアクションや追撃戦なしに心理的緊張感でスリラーをリードしていくというのが、むしろこの映画の強みです。一見するとカン・テオ(チュ・ジフンが演じた劇中の殺人鬼)がただ狂っているようですが、実際はセリフの語節ごとにあごの角度まで一つ一つが計算されています。まるで演劇をしているようにです。劇中でテオとヒョンミン(キム・ユンソク)が接見室で駆け引きするシーンが7回も出てきます。同じ接見室で行われる駆け引きだが、シーン毎に違った感じを与えなければならないので大変でした。

――モチーフになった事件をどれほど参考にしましたか?

チュ・ジフン:最初から参考にしていませんでした。わざとではありませんが、監督がこの映画を企画することになったきっかけになった「それが知りたい」も見ませんでした。映画の準備段階で、監督と毎日のように会って、膨大な調査内容について話を聞きました。説明をきちんとしてくださったので、わざわざ実際の人物をそのまま再現する必要はありませんでした。

――“感情統制不可”な殺人犯のキャラクターですが、演技が楽ではないキャラクターを選んだ理由は何ですか?

チュ・ジフン:訳もなく衝動的に殺人を犯す完全な悪人キャラクターは初めてです。オフロードのように内面がでこぼこしたキャラクターが魅力的に感じられました。演技で遊び回ることのできる、多層的な人物を演じてみたかったんです。しかもユンソク先輩がキャスティングされたという知らせに、頼り甲斐があると思いました。心が動揺し、不安な時にユンソク先輩が隣でしっかりと支えてくれました。

――外的にも大分変わりました。髪も剃り上げて、少し太ったように見えますが。

チュ・ジフン:元々は牢屋に入ってから、短髪で現れるという設定でした。最初の撮影後にモニタリングをしてみたら、テオの雰囲気が生かされていなかったので、すぐに髪を丸剃りにしました。監督も内心、丸刈りを希望していたところでした。殺人犯の威圧感を与えるために体重も5キロ増やしました。荒い容貌を表現するためにノーメイクで撮影しました。

――髪を刈り上げて、ノーメイクで撮影しなければならないと決まったときに心配になりませんでしたか?

チュ・ジフン:自分が自ら決めたことです(笑)。ハンサムで格好いい役は「神と共に」でやったので十分です。髪を刈り上げて、「神と共に-罪と罰」の広報活動の時はカツラをかぶっていました。かっこよく見せようとした訳ではなく、“カン・テオ”というキャラクターを先に見せたくなかったからだです。かつら技術者に感謝しています(笑)。

――ソウル出身ですが、関連検索ワードに「チュ・ジフンの故郷」「チュ・ジフン 釜山」と出てきます。それだけ釜山の方言も完璧に近い形で駆使したのではありませんか?

チュ・ジフン:映画を撮影している間中ずっと、1日8~9時間ずつ釜山の方言を勉強しました。外国語に変わりありませんでした。中国語のアクセントのように、言葉使いの高低まで台本にチェックしました。制作者として参加したクァク・キョンテク監督が台詞を録音してくださったのですが、それを宝物のように持ち歩きながら、昼夜問わず練習しました。クァク監督だけでなく、ユン・ソク先輩、演出のキム・テギュン監督を含め、全スタッフが釜山出身だったのでさらに緊張しました。方言によるストレスで胃痙攣が起きて、救急室に運ばれたこともあります。

――そのように熱心に練習したので、これからは方言の演技が楽になるのではありませんか?

チュ・ジフン:いいえ、自信はありません。深刻に考えてみると思います。私が本気で勉強したのは「暗数殺人」の台詞です。また方言で演じなければならないとすれば、また同じ作業を行うことになると思います。

――難しかっただけ、やり遂げた時胸がいっぱいになったのではないのでしょうか。

チュ・ジフン:いろんな意味で面白かったです。映画「友へ チング」を見て似たようなジャンルの映画が好きになりました。方言を使う映画も前からやってみたかったんです。リハーサルまで自信がありませんでしたが、撮影に入って周りの反応がいいと自信がつきました。方言を含めてテオの姿を表現する時の反応です。まるで渓谷の水が冷たいことを知りながら足を踏み入れるが、一度水に入ってしまえば楽しく遊ぶようにです。初めての作品の時の胸騒ぎや緊張感も、今回の映画を通じて再び感じました。それから映画の中でユン・ソク先輩を手玉にとりましたよね。こんな機会はもうないと思います(笑)。

――俳優キム・ユンソクと共に演技した感想はいかがですか?

チュ・ジフン:評価そのものが無意味な先輩たちには理由があります。固くありながらも明らかでした。ものすごい内攻を持っていると思います。映画ではカリスマ性が溢れていますが、実際は怖くないし気楽に対することができました。

――最近とりわけ“ハードワーク”ですが、体調管理はどうされていますか?

チュ・ジフン:筋力運動をよくしまず。歩くのも好きです。あまりにも歩きすぎて、8年前に購入した車が新しいままです。中古車ディーラーたちがみんな自分に売ってほしいと大騒ぎです(笑)。

――大型作品をしながら、演技のスペクトルが広がったと感じますか?

チュ・ジフン:自分が意図した面もあるし、そうではない面もあるけれど、キャラクターの性格や職業が一つの分野に特化している俳優がいます。それが悪いということではないけれど、僕は多様でありたいんです。他のジャンルの他の役柄が入ってきたので、幸運だと思います。感謝しています。

――「暗数殺人」は重いメッセージのある映画です。映画の中の刑事は苦痛を甘受しながらも、真実を明らかにするために本分を尽くします。観客に映画がどのように記憶されるよう望みますか?

チュ・ジフン:自分の本分を守る人のお陰で、世の中が変わることがあるし、元に戻ることもあるという監督の言葉がよかったです。犯罪スリラーの緊張感がよく伝わりながらも、映画のメッセージが埋まってしまわないことを望みます。僕たちが知らなかった事件と被害者について振り返るきっかけになることを望みます。

――では自身は大衆にどう記憶されたいですか?

チュ・ジフン:親近感を感じて欲しいです。僕が撮った作品が出れば、人々が「嬉しい」と感じてもらうだけでもいいです。

――「神と共に-因と縁」に続き「工作」「暗数殺人」まですべてヒットしましたね。さらに12月にはNetflixのドラマ「キングダム」、来年1月にはMBC「アイテム」にも出演されますが、忘れられない年になりそうですね。

チュ・ジフン:そうですね。1年にこんなに多くの作品をいつまた披露できるでしょうか。望んだからといってできる事でもありません。本当にありがたい思いでいっぱいです。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな