DAY6、新曲「幸せな日々だった」MV予告映像公開…幻想的な雰囲気で期待高まる

写真=JYPエンターテインメント

DAY6が新曲「幸せな日々だった」のミュージックビデオの予告映像を公開した。

JYPエンターテインメントは5日、JYPおよびDAY6の公式SNSチャンネルに4thミニアルバム「Remember Us:Youth Part 2」のタイトル曲「幸せな日々だった」のミュージックビデオ予告映像を掲載した。

予告映像は華やかな照明の下、強烈な視線でカメラを見つめるメンバーたちの姿とアナログテレビ、ミラーボールなどビンテージなオブジェが調和し、幻想的な雰囲気を醸し出している。

また、新曲「幸せな日々だった」のイントロが一部公開された。DAY6が贈るシンセポップの楽しいサウンドとメロディーに対する期待を高めた。

4thミニアルバム「Remember Us:Youth Part 2」は今年6月に発売した3rdミニアルバム「Shoot Me : Youth Part 1」の連作で、「幸せな日々だった」をはじめ、「心痛い道」「頭痛」「121U」「すっごくカッコいいじゃん」「マラソン」「Beautiful Feeling」、CD限定収録曲「幸せな日々だった」のインストメタル音源まで全8トラックが収録されている。DAY6のメンバーは今回も全曲の作詞、作曲に参加した。

「幸せな日々だった」は1970年代末から1980年代にかけて全世界的に流行したシンセポップサウンドをDAY6が新たに再解釈した曲だ。「後悔のない恋をしたので未練と恨みはない」というメッセージを込めた。DAY6はペット・ショップ・ボーイズや、デュラン・デュラン、A-Haなどが披露したジャンルとして知られるシンセポップを通じて「My Day(ファンクラブ名)」には新鮮さを、シンセポップに慣れている音楽ファンには郷愁を届ける。

今年6月、ソウル松坡(ソンパ)区オリンピック公園オリンピックホールで行われたソウルコンサートを皮切りに、デビュー後初のワールドツアー「DAY6 1ST WORLD TOUR ‘Youth’」を進行中のDAY6は、11月9日(以下現地時間)トロント、11日ミネアポリス、14日アトランタ、16日フィラデルフィア、18日LA、23日サンパウロ、26日サンディエゴまでの7ヶ所で単独コンサートを終えた。

またDAY6は12月8日のジャカルタに続き、来年1月18日からモスクワ、マドリード、ベルリン、ロンドン、パリ、アムステルダムまでのヨーロッパツアーを最後にワールドツアーを締めくくる。

DAY6は12月22日から24日まで、ソウル龍山(ヨンサン)区、漢南洞(ハンナムドン)のブルースクエア・アイマーケットホールでクリスマス特別コンサート「DAY6 Christmas Special Concert’The Present」というタイトルで、クリスマススペシャルコンサートを開催する。

4thミニアルバム「Remember Us:Youth Part 2」の全曲は10日午後6時、韓国の各音楽配信サイトで公開される。

 記者 : ユ・チョンヒ、翻訳 : 浅野わかな