NCT 127、米ビルボード「アメージングアーティストチャート」で1位を獲得!“K-POP歌手初”

写真=SMエンターテインメント

NCT 127が4日、米ビルボードのアメージングアーティストチャートの1位を飾った。

アメージングアーティストチャートは毎週、ビルボード「ホット100」「ビルボード200」「ソーシャル50」など複数のチャートでの数値はもちろん、アルバムや曲の販売量、ラジオでの放送回数、ストリーミングなど音楽消費をもとに新しく浮上するアーティストを発表するチャートだ。

今年5月、NCTがK-POP歌手としては初めて1位を獲得する快挙を成し遂げたのに続き、今回はNCTのソウルチームNCT 127が1位となり、注目を集めている。

またNCT 127は、ソーシャルメディア内のデータを基準に最も人気のあるアーティストを選定する、ビルボード「ソーシャル50」チャートで2位を記録するとともに、アーティストの認知度を多方面から分析するメインチャート「アーティスト100」でも56位にランクインしたことがある。

NCT 127は10月に発売したフルアルバム「NCT #127 Regular-Irregular」でビルボードメインアルバムチャート「ビルボード200」で86位にランクインするなど好成績を収めており、これからの活躍がさらに期待される。

NCT 127は新曲「Simon Says」で活発な活動を繰り広げている。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな