UP10TION、ニューアルバム「Laberinto」発売記念ショーケースを開催…“ポイントはメンバーたちのビジュアル”

写真=10asia

UP10TIONがコンセプトへの自信を示した。

UP10TIONは6日午後、ソウル清潭洞(チョンダムドン)の一枝(イルジ)アートホールでニューアルバム「Laberinto」の発売記念ショーケースを開催し、カムバックした。

「Laberinto」にはタイトル曲「Blue Rose」をはじめ、「Burning」「Turn Up The Night」「Midnight」「Happy Birthday」「With You」など7曲が収録された。タイトル曲「Blue Rose」は、UP10TIONが初めて試みるヒップホップ、トラップジャンルの曲だ。ドラマチックなメロディーが壮大で悲壮な雰囲気を醸し出し、重いEDMサウンドが強烈な印象を残す。

この日、UP10TIONのファニは「Blue Rose」の見どころは、メンバーたちのビジュアルだと明らかにした。ファニは「死者のコンセプトには少し乱れた姿を見せ、追撃者のコンセプトにはカリスマ性ある姿を通して、多様な魅力が表現できているのではないか」と述べた。

またキュジンは、「UP10TIONがデビュー4年目になった。これまで多くのコンセプトをしてきたが、心も体も成長したので、大人のセクシーさをお見せしたい」と強調した。

 記者 : ウビン、翻訳:浅野わかな、写真:イ・スンヒョン