EXO ディオ主演映画「スイングキッズ」今冬、世界公開へ…海外23ヶ国で前売券販売の快挙

写真=NEW、アンナプルナフィルム

映画「スイングキッズ」が公開前に熱い反応を見せ、世界同時期の公開を確定し、海外23ヶ国で前売券が販売されるという快挙を成し遂げた。

「スイングキッズ」は1951年、巨済島(コジェド)の捕虜収容所で、もっぱらダンスに対する情熱で集まった寄せ集めのダンスチーム”スイングキッズ”の胸躍る誕生期を描いた映画だ。「過速スキャンダル」「サニー 永遠の仲間たち」のカン・ヒョンチョル監督の感覚的な演出、才能とエネルギーに溢れる若い俳優たちの新鮮なシナジー、ブロックバスター級の収録曲と爆発的なパフォーマンスで満場一致な熱い好評を得ている「スイングキッズ」が19日、韓国国内で公開され、世界同時期公開が決まった。

北米では12月21日に公開が確定しており、台湾、オーストラリア、ニュージーランドを含むオセアニアでは来年1月10日に公開を控えている。また、香港とマカオでも来年1月に公開が確定した。また、米国、カナダ、オーストラリア、香港、マカオ、シンガポール、マレーシア、日本、インドネシアの海外23ヶ国で前売券が販売され、韓国を越えて全世界の観客たちの高い関心と爆発的な反応を立証している。

「スイングキッズ」は最近、米国サンタモニカで開かれたアメリカンフィルムマーケット(AFM)で海外バイヤーたちを対象に行った上映会を起点に熱烈なラブコールを受けてきた。「スイングキッズ」の海外セールスを担当したNEWのグローバル版権事業部コンテンツパンダは「満席となった劇場の反応が非常に熱かった。映画の上映途中にも版権購買提案メッセージが殺到するほどだった」と話し、「”スイングキッズ”ダンスチームの国籍、言語、文化を超えて喜怒哀楽を込めたダンスが海外バイヤーたちを魅了した要素とみられる」とリアルな反応を伝えた。

「スイングキッズ」を購入した北米配給会社Well Go USAの関係者は「音楽とダンスに希望を吹き込む映画だ。クリスマス連休の間、眩しいほどすばらしいこの映画を全ての観客が楽しめると信じる」と語った。香港とマカオ配給会社のBravos Pictures関係者も「これまでに見た韓国映画の中で最もエネルギーに溢れ、新鮮な映画で唯一無二だと言える」と満足感を示した。

また、台湾配給会社のMovie Cloud関係者は「カン・ヒョンチョル監督だけの才気は、今回も作品にそのまま盛り込まれており、韓国だけでなく台湾でも興行ブームが起こると思う」と述べ、オセアニア配給会社のCine Asia関係者は「オーストラリアとニュージーランドの観客に『スイングキッズ』を公開するという考えでとても胸がわくわくする。早くも公開を首を長くして待っており、大きな興行を期待している」と語った。このように「スイングキッズ」は公開前から海外市場の熱烈な反応を引き出し、映画に対する期待感をさらに高めている。

 記者 : ノ・ギュミン、翻訳 : 浅野わかな