BLACKPINK“成功的な一年”…来年の活動にも期待

写真=YG ENTERTAINMENT

英メディアのメトロがBLACKPINKについて「世界制覇のための準備を終えた」と絶賛した。

12日(現地時間)、英メトロは「BLACKPINK、成功的な一年を送り世界制覇のための準備を終える」と題する記事を掲載し、今年のBLACKPINKが成し遂げた成果と未来の潜在力に対する賛辞を惜しまなかった。

メトロはBLACKPINKについて、「『DDU-DU DDU-DU』が公開後、初の24時間で最も多くの再生回数を記録したミュージックビデオの一つに浮上した」と話し、「米国進出のため、インタースコープ・レコードと契約し、世界的なアーティストのデュア・リパとコラボするなど、今年注目すべき足跡を残した」と高く評価した。

BLACKPINKのメンバーたちはメトロとのインタビューで「DDU-DU DDU-DU」の大成功について「光栄であり、ものすごい経験でした」と話し、「これまで試みたことのないコンセプトだったので心配しましたが、ありがたいことに多くの愛を受けとても驚いたし嬉しいです」と感想を伝えた。また「今後も新しく多様なことを試みることができるという自信が生まれました」と付け加えた。

英国のポップスター・デュア・リパとのコラボについては「本当に楽しい経験だったし、私たちにとって大きな意味を持ちます。また、私たちのパートが韓国語で発売されたので、これも私たちにとって非常に大きな意味を持ちます」と明らかにした。また、BLACKPINKは「今後もチャンスがあれば、他の海外歌手とのコラボレーションの可能性も高めていきたいです」と伝え、ファンの期待を一層高めた。

BLACKPINKは、米国のメジャーアルバムレーベルであるインタースコープ・レコードと共にすることについて「とても楽しみです」と話し、「より多くの観客に、私たちがこれまで築いてきたことをすべて見せられる機会を持つことになり夢のようです。今までそうだったように最善を尽くすのでこれからもたくさん期待してほしいです」と抱負を語った。
BLACKPINKはヤン・ヒョンソク代表プロデューサーの助言はあったのかという質問に「いつも自信を持って立派に成し遂げるようにと話してくださる」とし「長い言葉は言わなくてもその意味が分かるので、私たちはいつも自信ある姿を見せようとしています」と伝えた。

2019年、BLACKPINKは、アジア7都市の8回公演を皮切りに、ワールドツアーに本格的に突入する。これに関連してBLACKPINKは「BLACKPINKとBLINK(BLACKPINKのファン)はいつも一緒にいると固く信じている」と話し、「私たちが受けたたくさんの愛を絶対忘れずに、以前よりもっと進化するBLACKPINKになります」と話し、ファンに対する特別な愛情を示した。

BLACKPINKは最近、YouTube選定の今年のアーティストリストにも名前を載せて影響力を立証し、米ニューヨークタイムズが選定した「The 65 Best Songs of 2018」で「DDU-DU DDU-DU」がランクインし、トップクラスのK-POPガールズグループとして認められた。

 記者 : ウビン、翻訳 : 浅野わかな