シン・ヘソン&チャン・ナラ&イ・ミンジョン、女性主人公の意外な歌唱力(動画あり)

写真=SBS

SBSが公式SNSを通し公開したドラマの中のヒロインたちの歌唱シーンが、まるで「SBS演技大賞」で披露されたように制作され、注目を集めている。

映像は昨年12月31日、上岩(サンアム)SBSプリズムタワーで行われた「SBS演技大賞」のシーンから始まる。ソン・ジェリムとキム・ソウンが「歌演技賞」の候補を紹介する。これに対し、「死の賛美」でソプラノのユン・シンドク役を演じ、視聴者を引き込む演技で好評を受けたシン・ヘソンがまず登場する。

シン・ヘソンは感情を抑え、劇場をいっぱいにした観客の前で「泣かせてください」を歌う。これに対し「演技大賞」に参加した演技者たちが涙を拭う。特に、同じドラマで恋人キム・ウジン役で呼吸を合わせたイ・ジョンソクは、感情を抑えきれないかのように胸を撫でる。ユン・シンドクの婚約者のキム・ホンギ役のイ・サンヨプも微笑んだまま、じっと彼女を見つめる。またmiss A出身スジ、キム・ウォンヘなど「あなたが眠っている間に」の出演陣の間で目立つ2人の姿が異彩だ。

続いて公開された候補は「運命と怒り」の靴デザイナー、ク・ヘラ役のイ・ミンジョンだ。1日の初放送当時、彼女はパニックになったゴールド製靴のコラボパーティー会場で、テレサ・テンの「あなたと共に生きてゆく」を歌った。イ・ミンジョンが披露した甘美な声は、麗水(ヨス)へ発とうとした香港のセンタンデパートの代表を感動させた。これで劇中のインジュン(チュ・サンウク)が危機を乗り切ることができた。「演技大賞」でこの場面が公開されると、イ・ミンジョンの歌に俳優たちは泣いたり拍手を送った。

最後は「皇后の品格」の皇后オ・サニー役のチャン・ナラである。実際の歌手らしく、すでにドラマの中でミュージカル「キム・ジョンウク探し」と歌「Amor fati」を通し歌唱力を見せた。また、6日の放送でアリランを歌い、世界各国大使の心を捉えた。これはサニーの”アリラン外交”として紹介された。

「演技大賞」でもこうしたチャン・ナラの歌唱力が紹介された。またチソンとイ・ジョンソク、スジ、チャン・ソヒ、ファン・ソクチョン、オム・ギジュン、ナム・ジヒョン、ユリ、コ・ソンヒ、イ・サンヨプ、イ・シオン、パク・ジンジュは拍手をしながら口ずさんだ。

SBSの関係者は「最近SBSドラマで女性主人公が歌唱力を見せる姿が登場し、このように実際の『演技大賞』の場面のように制作してみた」と話し「楽しんでいただき、今年の『演技大賞』にも多くの関心をお願いします」と述べた。

シン・ドンヨプとシン・ヘソンがMCを務める、「2018 SBS演技大賞」は、韓国で31日21時5分から放送される。

 記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 浅野わかな