俳優シン・ウジュン、映画「妓房の郎子」に出演決定…芸人仲間役を演じる

写真=マラソンエンターテインメント

俳優のシン・ウジュンが映画「妓房の郎子」に出演する。

所属事務所のマラソンエンターテインメントは27日、「俳優シン・ウジュンが来年公開予定の映画『妓房の郎子』にキャスティングされた」と発表した。

「妓房の郎子」は、男尊女卑の観念で女性たちが抑圧されていた時代、朝鮮で初めて男たちの男子妓生(キーセン)になって女性たちの乙女心をときめかせたキュートな男性ホ・セク(2PM ジュノ)と時代を先駆けていた進歩的な思考を持つ花のように美しい女性ヘウォン(チョン・ソミン)が本当の愛を求めて繰り広げる時代劇映画だ。

俳優のシン・ウジュンは、街の芸人仲間であるチュンソ役を演じる。

シン・ウジュンはドラマ「花ざかりの君たちへ」、韓中合作ドラマ「滅罪死」、短編映画「男が愛する時」、「一人を選ぶ権利」、「君と僕」、公演「秋風別曲」「イケメン湯」など、様々な作品で活躍した。

独特な素材と好感度の高い俳優たちの出会いで期待を集めている時代劇映画「妓房の郎子」は今月中にクランクインされる予定だ。尊女卑の観念で女性たちが抑圧されていた時代、朝鮮で初めて男たちの男子妓生(キーセン)になって女性たちの乙女心をときめかせたキュートな男性ホ・セク(2PM ジュノ)と時代を先駆けていた進歩的な思考を持つ花のように美しい女性ヘウォン(チョン・ソミン)が本当の愛を求めて繰り広げる時代劇映画だ。

俳優のシン・ウジュンが演じるチュンソ役は、街の芸人仲間だ。

シン・ウジュンはドラマ「花ざかりの君たちへ」、韓中合作ドラマ「滅罪死」、短編映画「男が愛する時」、「一人を選ぶ権利」、「君と僕」、公演「秋風別曲」「イケメン湯」など、様々な作品で活躍した。

独特な素材と好感度の高い俳優たちの出会いで期待を集めている時代劇映画「妓房の郎子」は今月中にクランクインされる予定だ。

 記者 : ユ・チョンヒ、翻訳 : 浅野わかな