「運命と怒り」チュ・サンウク、イ・ミンジョンの肩に寄りかかる…ロマンス再稼働

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=SBS

SBSドラマ「運命と怒り」で、チュ・サンウクがイ・ミンジョンの肩に寄りかかり、眠りにつく姿が映った。

「運命と怒り」の制作陣はテ・インジュン(チュ・サンウク)、ク・ヘラ(イ・ミンジョン)の肩に寄りかかる現場スチールカットを公開した。

前回の放送で、インジュンは、チャ・スヒョン(ソ・イヒョン)とのサプライズ結婚発表をするなど、本格的にゴールドグループを獲得するための動きを始めた。インジュンはヘラに対する思いを完全に諦めたようだったが、婚約式場に現れ「結婚しないでください」と切実に言うヘラのおかげで、また混乱に陥った。

公開された最初の写真の中で、ヘラとインジュンは、ゴールド製靴の事務所で、互いを温かい視線で見つめている。ニットを着たヘラがコーヒーカップを手に持ったまま、楽な姿勢でインジュンを眺めながら話をする。インジュンも柔らかい表情と姿勢でヘラに話をしている。2人が遅い時間、どんな理由で事務所に残っているのだろうか。ヘラを眺めるインジュンの暖かい視線から、二人のロマンスが再び始まりそうな期待が感じられる。

次の写真のインジュンは、ヘラの肩に寄り掛かって眠っている。久しぶりにすべての緊張を解いた様子だ。それと違ってヘラはインジュンが、もしかしたら眠りから覚めるかと心配でコーヒーカップを慎重に持ったまま座っているが、その表情からは複雑な感情が読み取れる。ヘラは再び誘惑に乗り出したのか、それとも心からインジュンが好きになったのか、注目される。

制作陣は「インジュンとヘラは靴を通して運命のごとく初めて出会ってから、ずっと続きそうで続かない、見る人の胸を焦がすロマンスを見せた。彼らのロマンスは再び始まったヘラの誘惑で再び変化を迎える予定だ」と話し、「果たしてヘラの望み通り、インジュンが自分を取り巻く現実的な圧迫を克服し、心を変えるかどうか、放送を通じて確認してほしい」と述べた。

「運命と怒り」は29日午後9時5分に、13~16話が連続して放送される。

 記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 浅野わかな