Highlight ヤン・ヨソプ&アン・ヨンミ「2018 MBC放送芸能大賞」ラジオ部門新人賞を受賞

写真=「2018 MBC放送芸能大賞」放送画面キャプチャー

チェ・ウクとアン・ヨンミ、Highlight ヤン・ヨソプが「2018 MBC放送芸能大賞」でラジオ部門新人賞を受賞した。

29日午後、ソウル上岩洞(サンアムドン)MBC公開ホールで「2018 MBC放送芸能大賞」が開かれた。チョン・ヒョンム、BIGBANGのV.I、Girl’s Day ヘリがMCを引き受け、今年を輝かせた芸能人らが総出動した。

チェ・ウクは「一生の中で、ラジオ進行者になるのが夢だったのだがその夢を今年2月に叶えた。しかし初放送と同時に、多くの悪質な書き込みに苦しまなければならなかった。幸いなことに悪質な書き込みはアン・ヨンミの方に傾いていた。そしてアン・ヨンミが放送を開始してから1ヶ月も経たないうちに、放送をやめたいと言った。アン・ヨンミを慰めながら、他のパートナーを物色した」と冗談交じりの感想を伝え、笑いを誘った。

続いてチェ・ウクは「序盤はラジオが上手く行かず、製作スタッフが私達の元を離れたりもした。もうそのようなことが生じないよう、温かい笑いを届けていく。私にこのような冒険をさせてくれたMBCの職員3人に感謝の気持ちを伝える」と付け加えた。

アン・ヨンミは「私は恐れが多い。序盤に辞めたいと言ったのに、そのか細い手で私を捕まえてくれた。PDや作家の方々もたくさん苦労された。真正性のあるDJになれるようにしていきたい。最後にMBCラジオで出会った彼氏に愛と感謝を伝えたい」と語った。

続いてヤン・ヨソプは「『夢見るラジオ』で夜を担当している“ヤンディ”ヤン・ヨソプだ。素晴らしい方々の前で素晴らしい賞を受けられ、とても光栄だ。いつも『DJ最高だ』『上手い』などと愛する気持ちで僕を見守ってくれた製作陣に感謝している。この賞を予測した人がいる。火曜日の男ヒスン、ありがとう。記憶に残るゲストの方々も紹介したい。それはHighlightだ。メンバーらに感謝する」と述べた。

 記者 : ノ・キュミン