防弾少年団&Wanna One&GOT7ら8グループ「K-POPグローバルTop10アワード」決勝に進出…唯一のガールズグループはGFRIEND


写真=10asiaDB

アジア10ヶ国のK-POPファンが選ぶ「TEN Asia K-POPグローバルTop10アワード」の予選投票が30日に終了した。予選をパスした8つのグループは、31日から2週間、決選投票を通じてアジア最高の人気グループを競う。

「グローバルTop10アワード」はアジア10ヶ国のK-POPファンが、オンラインモバイル投票で最高の人気グループを選ぶイベントだ。12月17日から30日まで行われた予選の累積投票数は計41万5753票だった。

そのうち最も多くの投票者が集まった国は韓国で、Wanna Oneが41.98%の得票率で1位を占め、予選を通過した。投票期間の間ずっと2位を記録したWanna Oneは、終盤に底力を発揮し、締め切り当日に首位に立った。

GOT7は単一投票所で最も高い得票率を記録し、決選に進出した。タイで85.84%の得票率を上げたGOT7は、圧倒的な差で2位グループを引き離した。

2ヶ国でトップについたグループもある。防弾少年団はインドネシアやベトナム、GFRIENDは中国とシンガポールで最も多くの票を獲得し、決選に進出した。GFRIENDは決勝に進出した8グループの中で唯一のガールズグループだ。

デビュー10年目のSHINeeと“元祖韓流アイドル”のSUPER JUNIORもそれぞれ日本と台湾で1位となった。今年初めに3枚目のアルバムを発表したINFINITEはマレーシアで最も多くの票を得て予選を通過した。

「グローバルTop10アワード」の決選投票は1月13日に締め切られる。1位のグループには最高の栄誉である“今年のアイドル”賞が与えられる。

以下は「TEN Asia K-POPグローバルTop10アワード」の国別の受賞者だ。

◆韓国=Wanna One
◆中国・シンガポール=GFRIEND
◆日本=SHINee
◆台湾=SUPER JUNIOR
◆マレーシア=INFINITE
◆ベトナム・インドネシア=防弾少年団
◆タイ=GOT7
◆フィリピン=BTOB

 記者 : チョン・テゴン、翻訳 : 浅野わかな