チョ・ジョンソク×ハン・イェリ×ユン・シユン、上半期の期待作「緑豆の花」でドラマカムバック!

写真=JSカンパニー、marie claire、MOAエンターテインメント

俳優チョ・ジョンソク、ハン・イェリ、ユン・シユンがSBSの新ドラマ「緑豆の花」で出会う。3人の俳優が主人公を担い、重い存在感と卓越した演技力で劇に深みを加える予定だ。

「牛禁峙(ウグンティ)」という仮題で先立って伝えられたドラマ「緑豆の花」は、1894年の東学農民運動の歴史の中で、農民軍と討伐隊に分かれて戦わなければならなかった腹違いの兄弟の、波瀾万丈なストーリーを描いたドラマだ。「鄭道伝(チャン・ドジョン)」 「ラスト・チャンス!~愛と勝利のアッセンブリー~」など鋭い視線で完成度の高いストーリーを誇るチョン・ヒョンミン作家と、「根の深い木」 「六龍が飛ぶ」など線の太い演出のシン・ギョンスプロデューサーが意気投合して期待を集める。

チョ・ジョンソクは腹違いの兄弟のうち、兄であるペク・イガンを演じる。ペク・イガンは全羅道古阜(チョンラド・コブ)の官衛の悪名高い吏房であり、裕福なペク家の長男だ。だがペク家が本妻の女給を犯して産まれた孼子(貴族と身分の低い者の間に生まれた子)として、イガンという本当の名前の代わりに“アレ“と呼ばれる。根性が感じられる鋭い目元、冷たい微笑、憎らしげな喋り口など、毒がいっぱい詰まった晩秋の毒蛇のようなイメージの男だ。

腹違いの兄弟と共に、劇中でまた別の波瀾万丈な運命を生きる鉄の女性ソン・ジャイン役は女優ハン・イェリが担った。ソン・ジャインは全羅道(チョンラド)の行商人の大物、都接長のソン・ポンギルの無男独女(息子がおらず一人娘)であり、全州旅閣の主人だ。理財に長けて総じて緻密な彼女は、大胆で冷徹なカリスマ性で取り引き相手を圧倒する男勝りな女性。どんな力にも屈しない、朝鮮最高の商売人を夢見る実直でしっかりとした女性だ。

ユン・シユンは腹違いの兄弟のうちの弟であるペク・イヒョン役を担った。ペク・イヒョンはペク家の末っ子であり、兄ペク・イガンと違い本妻の実子である嫡子だ。日本留学までしており、科擧(官吏になる為の試験)を控えているエリート。秀麗な容貌、高邁な人柄、優雅な言動など何一つ欠点のない人物で、腹違いの兄ペク・イガンにも礼をもって接する。

チョ・ジョンソク、ハン・イェリ、ユン・シユンの3人の俳優の出会いが話題を集めている。スクリーン、舞台、テレビ劇場を縦横無尽下に人々を魅了する俳優チョ・ジョンソク。独特な個性とカラーある演技、キャラクターをうまく演じきる女優ハン・イェリ。作品を選ぶ眼と演技への情熱を持つユン・シユン。彼らが描く波瀾万丈な3人の人物の運命が、「緑豆の花」に対する期待を高める。

「緑豆の花」はチョ・ジョンソク、ハン・イェリ、ユン・シユンなど主演3人組のキャスティングを終え、本格的な撮影を控えている。ドラマ「ウラチャチャワイキキ」 「スイッチ~君と世界を変える~」などを作ったC-JeSエンターティンメントが製作し、2019年上半期にSBSで放送される。

 記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 安裕美