ハン・ジミン主演「眩しくて」第2弾予告映像を公開…驚くべき意外な展開で好奇心を刺激(動画あり)

写真=JTBC

JTBC新月火ドラマ「眩しくて」が驚くべき意外な展開で好奇心を刺激する、第2弾予告映像を公開した。

「まず熱く掃除せよ」の後続として2月初めに韓国で放送される「眩しくて」が4日、幻想的な雰囲気を醸し出すハン・ジミンの予告映像を披露した。「眩しくて」は与えられた時間をすべて使ってみることもできずに失ってしまった女性と、誰よりも輝かしい瞬間を自ら投げ捨て無気力な生活を送る男、同じ時間の中にいるがお互いに異なる時間を生きていく2人の男女の時間離脱ファンタジーロマンスを描く。キム・ヘジャ、ハン・ジミン、ナム・ジュヒョク、ソン・ホジュンなどが出演する。

眩く美しい瞬間を捕らえて微かな感性を刺激した第1弾予告映像とは違い、公開された第2弾予告映像は幻想的な雰囲気で想像力を刺激する。1枚の絵のように美しい海辺を散策するハン・ジミンは、何かを発見したように好奇心に満ちた目を輝かせる。彼女が砂の中で拾った物は古い時計ひとつ。時計を回そうと針が逆に回り始めた刹那の瞬間、ハン・ジミンが消えて雰囲気が一転する。温かな感性で始まり驚きの展開で終わる予告映像は、一瞬も目を離すことのできない吸引力を見せつける。何より時間を戻す能力を持ちながらも絡まった時間に閉じ込められてしまったキャラクターを象徴的に見せているようで、ドラマに対する好奇心を一層引き上げる。

短い予告映像だけで豊富な感情の動きを描き出すハン・ジミンの繊細な演技にも期待が高まる。ハン・ジミンは時間を戻す能力を持つようになった「キム・ヘジャ」を演じる。劇中「キム・ヘジャ」は人一倍ポジティブな心を持った義理深い人物で不義を見るのが耐えられないアナウンサー志望者だ。女優キム・ヘジャと2人1役のデュアルキャスティングで特別な挑戦に出ただけに、違った同じ一人の人物をどのように演じ広げていくのか期待される。自身の名前と同じキャラクターで破格の変身を予告する国民的女優キム・ヘジャと、映画「ミス・ペク」で主演女優賞を掴み女優として頂点に立ったハン・ジミンが作り出す、眩しい相乗効果が今から胸を弾ませる。

「眩しくて」は、愉快な笑いを与えたシットコム(シチュエーションコメディー:一話完結で連続放映されるコメディードラマ)「清潭洞に住んでます」「走れ、お母さん」「オールドミスダイアリー」を始め、映画「朝鮮名探偵」シリーズまでジャンルを問わず温かいユーモアを逃さなかったキム・ソクユン監督とイ・ナムギュ、キム・スジン脚本家が再び意気投合した作品だ。

 記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 安裕美