Wanna One ハ・ソンウン、2月末のソロ活動を確定…ミニアルバムを自らプロデュース

写真=10asiaDB

Wanna One ハ・ソンウンが2月末にミニアルバムをリリースしてソロ活動を行う。

ハ・ソンウンの所属事務所Star Crew ENTは7日「Wanna Oneの活動を終え、自社に復帰を予定しているハ・ソンウンが、2月末にミニアルバムをリリースしソロ活動に入る予定だ」と明らかにした。

先日、Wanna Oneのマネジメントを担当していたSwingエンターテインメントは、昨年12月31日にWanna Oneの契約が終了すると同時に、今年1月のコンサートを最後にWanna Oneの公式活動が終わると発表し、11人のメンバーの今後の活動計画に多くの関心が集まっている状況である。

所属事務所の関係者は「これまでハ・ソンウンと今後の進路について多角的に意見を交わしたが、Wanna Oneの活動が終わっていないこともあり、具体的に決定を下せなかったことは事実だ」とし、「4日、ハ・ソンウンに会って多くの意見を交わした結果、2月末ソロアルバムをリリースして活動を行っていく予定だ。多くの期待と応援をお願いしたい」と伝えた。

ハ・ソンウンはソロアルバムを自らプロデュースして曲を選択するなど、アルバムに心血を注ぐ予定だ。ハ・ソンウンが自らプロデューサーとして参加するだけに、Wanna Oneでメインボーカルとして活動している彼の音楽性を存分に生かすことができるアルバムになる見通しだ。

Wanna Oneは、今月24日からソウルにある高尺(コチョク)スカイドームで最後のコンサートを開催する。

 記者 : ウ・ビン、翻訳 : 前田康代