Cherry Bullet、デビューコンセプトフィルムを初公開…独特でラブリーな世界観

写真=FNCエンターテインメント

新人ガールズグループCherry Bulletが、デビューアルバムのユニークなコンセプトを知らせた。

Cherry Bulletの所属事務所FNCエンターテインメントは14日、Cherry Bullet公式デビュー予告サイトを通じて、Cherry Bulletの世界観が盛り込まれたデビューコンセプトフィルムを公開した。

公開された映像でCherry Bulletは、発売予定の“Cherry Bullet”という名の仮想のゲームOSを楽しんでいる様子だ。メンバーたちはレース、パズル、リズム、FPSゲームなどを楽しみながら“Cherry Bullet”OSに対する関心を高めた。また、その後のプレイヤー紹介では、メンバー別に防壁盾、長距離ミサイル、ハッピーウイルス、巨大化、中距離機関銃、回復、ロケットパンチ、パワーブースター、ハッキング、透視など多様なスキルが記載されており、今後、メンバーの活動とどのように結びつくか期待感を高めている。

Cherry Bulletの世界観には、多様なゲームマップとクエストを持つ“Cherry Bullet”という運営体制(OS)が存在する。この中で、メンバーたちは活動ごとに新しいゲームマップをもらい、クエストを破るためにメンバー各自のロボットと必殺技アイテムを活用できる。このような世界観と成長ストーリーを今後のアルバムを通してさらに詳しく紹介する予定だ。

FNCが6年ぶりに披露するガールズグループCherry Bulletは今月21日、デビューシングル「Let’s Play Cherry Bullet」を発売し、活動に乗り出す。デビュー前から米音楽専門メディアのビルボードから「2019年期待されるK-POPの新人」として紹介されるなど、国内外から関心を集めている。Cherry Bulletはタイトル曲「Q&A」を通じて少女たちのときめきとみずみずしさがこもった、愛らしいエネルギーを伝える。

 記者 : ウ・ビン、翻訳 : 浅野わかな