「まず熱く掃除せよ」キム・ユジョン&ユン・ギュンサン、涙の口づけで思いを確認


※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

写真=JTBC「まず熱く掃除せよ」放送画面キャプチャー

ユン・ギュンサンとキム・ユジョンが涙のキスでお互いの本心を確認した。15日に韓国で放送されたJTBC月火ドラマ「まず熱く掃除せよ」(脚本ハン・ヒジョン、演出ノ・ジョンチャン)の話だ。

同日の放送では、心のこもった告白で、キル・オソル(キム・ユジョン)の心を打つチャン・ソンギョル(ユン・ギュンサン)の姿が描かれた。結局、ソンギョルはオソルに恋愛を提案した。しかし、オソルは「昨夜の自分の行動が軽率だった」と再びソンギョルを押し出した。

ソンギョルの頭の中は、オソルでいっぱいだった。「清掃の妖精」の職員らとアクアリウムで出張掃除をしたソンギョルは、海中の映像を見ながら、子供のように喜んでいたオソルの顔を思い浮かべた。ソンギョルが準備した”サプライズ”にぎこちない胸騒ぎもつかの間、招かれざる客が現れた。ヨンシク(キム・ミンギュ)の無くした携帯ストラップを探しに戻ってきた、掃除の妖精3人組が、オソルを発見したのだ。危機を感知したソンギョルはオソルの手を取って隅に身を隠した。ソンギョルとオソルは密着した状態で危機を脱した。

ソンギョルはオソルが聞かせてくれたウミガメの話を繰り返しながら、「星の光であれ照明であれ、僕と一緒に行ってくれませんか?」と切り出した。告白の答えをためらうオソルに「僕を一度信じて欲しい。僕はオソルさんと一緒にいれば、どこでも行けると思うのに」と深まった思いを打ち明けた。

ソンギョルがオソルに片思いしているという事実を知ったメファ(キム・ヘウン)。オソルの生ぬるい反応に、チャ会長(アン・ソクファン)が二人の仲を隔てていることを察し、チャ会長を訪ねた。彼女は「ソンギョルの恋愛に干渉するな」と断言した。しかし、ブルドーザーのようなチャ会長の性格を知らないはずがないメファは、一日も早く、ソンギョルの潔癖症を治すための衝撃療法まで計画した。

メファの努力は、ソンギョルに逆効果をもたらすだけだった。居間を埋め尽くした騒音や人々、いたるところに散らばっているパーティー用品まで、ソンギョルの家はめちゃくちゃになっていた。オソルさえいない家、ソンギョルが頼れるものは何もなかった。結局、必死にオソルを探していたソンギョルは意識を失って倒れた。一歩遅れて駆けつけたオソルは、一晩中、ソンギョルの傍を守った。翌日、意識を取り戻したソンギョルは、目を覚ますとすぐにオソルを抱きしめた。「もう自分のそばから一歩も離れるな。24時間僕の側にだけいて欲しい」というソンギョルの切ない告白にオソルも「どこにも行きません。24時間ずっと一緒にいましょう、私たち」と答えた。やっと辿り着いた互いの心を確認したソンギョルは、涙を流しながらオソルに口付けをした。二人の両思いのロマンスの幕が上がった。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな