god ソン・ホヨン「アイドルラジオ」に登場…“心配よりは期待と幸せが大きい”

写真=MBC

デビュー20周年を迎えたグループgodのソン・ホヨンがMBC標準FM「アイドルラジオ」に出演し、ファンクラブ「fangod」と共に合唱した。

ソン・ホヨンは最近放送された「アイドルラジオ」で、god20周年コンサートと20周年アルバム「THEN & NOW」そして昨年の名曲について話した。

ソン・ホヨンは「20年が過ぎたのに一緒にできるというのは奇跡のようだ。でも恐れもある」と話し「いつまでできるのか心配になるが、心配よりは期待と幸せが大きい」と話した。

最近、終了した20周年のコンサートを直接演出したソン・ホヨンは、5時間の公演後、疲労から体調を崩したりもした。ソン・ホヨンは「(コンサート演出に対する)ストレスが多かったが、その緊張が解けた」と話し「もう一度はできないと思うが、実際にやってみると演出家たちが本当に素晴らしい方々だと思った」と話した。

続いて「タイトル曲と後続曲だけで構成されているセットリストが20曲を超えた」と付け加え“国民的グループ”godの威厳を実感させた。

ソン・ホヨンは20周年アルバムのダブルタイトル曲「その男から去って」のステージについて「曲を聞き、中年男性のセクシーさを見せられる振り付けが思い浮かんだが、メンバーも1人を除いて40歳を超えた。50歳になったら大変だ。想像もつかないと思う」と語った。

また「以前は1日、2日でやっていたものが今は1~2ヶ月もかかる」と長寿アイドルの悩みを吐露し、笑いを誘った。

ソン・ホヨンは「20年間、見守っていただき、育てていただいて感謝している」と話しこの20年間、側で見守ってくれたファンクラブ「fangod」への愛も伝えた。

godの名曲「もう一度」について「この歌は僕たちではなくファンが歌ってくれた。とても感動し、(ファンたちから)こんな姿を見られるだなと感じさせてくれた歌」だと語った。

これに対し、上岩(サンアム)MBCガーデンスタジオを訪れたファンは、godの「もう一度」に合わせてラップまで披露する過去最高の合唱を披露し、感動を呼んだ。

ソン・ホヨンは「アイドルラジオ」の名物コーナーのメドレーダンスコーナーまで挑戦した。godの「観察」「Friday night」「哀愁」「君がいるべき場所」「0%」自分のソロ曲「I know」に続くメドレーダンスで変わらない実力を誇示した。

またソン・ホヨンは今年の計画について「いいミュージカル作品があればやってみようと思っている」とほのめかした。

アイドルの歴史が見られる「アイドラジオ」は平日午後9時~10時、NAVER 「V LIVE」で生中継される。中継された内容は当日夜12時5分~1時(週末夜12時~1時)、MBC標準FM(ソウル・京畿95.9MHz)、MBCラジオアプリ「mini」で放送される。

 記者 : ノ・ギュミン、翻訳 : 浅野わかな