VOISPER、2ヶ月間の1stフルアルバムの活動終了…単独コンサートの準備に突入

写真=EVER MOREエンターテインメント

VOISPERが22日、SBS MTVの音楽番組「THE SHOW」を最後に2ヶ月間続いた1stフルアルバム「Wishes」の公式活動を終えた。

昨年11月20日、ニューアルバムを発表したVOISPERは、タイトル曲「Goodbye to Goodbye」と収録曲「世界で最もありふれた言葉」で、2ヶ月間、活発な活動を繰り広げた。

しっかりとした歌唱力と長年の呼吸で合わせられたメンバーの完成度の高いハーモニーで“実力派ボーカルアイドル”という愛称を得た。

VOISPERは所属事務所のEvermore Musicを通じ、「ファンの皆さんが送ってくれた応援と激励のおかげで、初めてのフルアルバム活動を幸せに行うことができた。今後とも良い曲を準備してお聞かせできるように努力したい。また、2月23日に開かれる単独コンサートにも多くの関心と期待をお願いしたい」と付け加えた。

VOISPERは2月23日、ソウル梨花女子高校100周年記念館・ファアムホールでコンサート「The first harmony」の準備に拍車をかけている。VOISPERは今回の公演で、これまで見せなかった多彩な姿を見せ、多様なイベントも準備する計画だ。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな