「アイテム」チュ・ジフン、叔父バカな一面を披露…髪を結んであげる優しい姿に注目

写真=MBC

俳優のチュ・ジフンがMBCドラマ「アイテム」(脚本:チョン・イド、演出:キム・ソンウク)で意外な魅力を予告している。

チュ・ジフンは2月11日に韓国で初放送される「アイテム」で正義に対する熱い心を持つソウル中央地検刑事部検事のカン・ゴン役を演じる。正義のためには検察組織の命令を拒否して内部の不正を告発し、“アホ検事”とも呼ばれる。誰も触れることができない企業家であり、絶対悪のソシオパス、チョ・セファン(キム・ガンウ)に唯一敵対する人物でもある。これまで公開された予告映像、ポスター、スチールカットには、このように冷徹な検査カン・ゴンの姿を垣間見ることができた。

本日(23日)公開されたスチールカットには、カン・ゴンの優しく暖かい笑顔が捉えられ、意外な魅力を予告している。また、慣れない手つきで慌てる姿も見られた。彼が武装解除される唯一の瞬間は、10歳になる姪っ子のダイン(シン・リナ)と一緒にいる時だ。彼には痛みであり、唯一の希望である姪のダインにすべてを捧げたいという“叔父バカ”だ。いくら練習しても、ダインの髪をきれいに結ぶのが難しい初心者の叔父だが、姪と一緒にいる時だけは、誰よりも善良で暖かい眼差しに変わる。

制作スタッフによるとチュ・ジフンは、現場でも子役のシン・リナをとても大事にしているという。チュ・ジフンは「一緒の撮影がある日は、いつも傍で話し相手をしてあげるなどダインと親しくなろうと努力した。姪っ子好きな叔父カン・ゴンと、痛みのある姪ダインの暖かいケミ(ケミストリー、相手との相性)は『アイテム』のもう一つの見どころだ」と明かした。

「アイテム」の制作陣は「チュ・ジフンが向こう見ずで鋭い検事と、限りなくソフトで愛が溢れる叔父を行き来する意外な魅力で視聴者にアプローチする」と説明した。

「アイテム」はすれ違う運命の2人の男女が、特別な超能力を持つ物を巡る陰謀と秘密を暴くファンタジーブロックバスターだ。カカオページで人気連載中の同名のウェブ漫画が原作だ。ドラマ「君を守りたい~SAVE ME~」のチョン・イド作家が執筆を、「グッバイ、ミスターブラック」の共同演出キム・ソンウクプロデューサーが演出を担当した。

 記者 : ユ・チョンヒ、翻訳 : 浅野わかな