FTISLAND イ・ホンギ、ソロコンサートを盛況裏に終了…多彩なジャンルでファンを魅了

写真=FNCエンターテインメント

FTISLANDのイ・ホンギがソロ単独コンサートを成功裏に終えた。

イ・ホンギは26日と27日、ソウル延世(ヨンセ)大学百周年記念館のコンサートホールでソロコンサートを開催した。2016年の初ソロコンサート以来、約2年ぶりのことでファンの期待も大きかった。イ・ホンギはEDMダンス、バラードなど多彩なジャンルを包括する公演で観客を魅了した。

バラード「Insensible」「IN THE RAIN」で公演をスタートさせたイ・ホンギは、ダンサーと呼吸を合わせて「LoL」「Be Your Doll」「KINGS FOR A DAY」「LET’S SEIZE THE DAY」などを歌いながら公演会場の雰囲気を盛り上げた。

MBC「覆面歌王」、tvN「イタカに行く道」などバラエティ番組で歌ったチョ・ジャンヒョクの「中毒になった愛」、K2の「彼女の恋人へ」も熱唱した。SBSドラマ「スイッチ」OSTの「Raise Me Up」まで充実した構成でファンの歓声を得た。

特に、ラッパーCheetahとDinDin、SF9のジュホなどがステージに上がり、イ・ホンギとのデュエットステージを披露した。

イ・ホンギは機転のきいたトークで観客と積極的にコミュニーケーションをとった。Cheetah、DinDinと共にファンの悩みを解決しながら、大きな笑いと感動を与えた。

イ・ホンギはFTISLANDとして、2月12日、13日、15日に日本でファンミーティングを開催する予定だ。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな