WINNER、トロント公演を盛況裏に終了「初恋が忘れられないように、今日も絶対に忘れられない」

写真=YG ENTERTAINMENT

WINNERは27日(現地時間)、カナダ・トロントにあるSony Centre for the Performing Artsで「WINNER EVERYWHERE TOUR IN TORONTO」を開催した。

この日のWINNERは、オープニング曲「REALY REALY」から「HELLO」「WE WERE」「IMMATURE」「MOVIE STAR」まで、ヒット曲メドレーで現地の観客を魅了した。セットリストはデビュー曲「Empty」から新曲「MILLIONS」まで多彩な音楽を披露した。

各メンバーのソロステージが続くと、ソン・ミノが「TRIGGER」と「FIANCE」で公演会場の熱気をさらに盛り上げた。続いてキム・ジヌは「untitled」、カン・スンユンは「It Rains」「Instinctively」を歌い抜群の歌唱力を披露、イ・スンフンは「RINGA LINGA」と「SERENADE」で華麗なパフォーマンスを披露した。

今回の北米ツアーで毎回、新しい選曲で“サプライズソロ”のステージを披露しているカン・スンユンは、無伴奏でOne directionの「Perfect」を熱唱し、観客を一気に虜にした。特に「You’re perfect」という歌詞が出るたびにファンと共感し、雰囲気を盛り上げた。
カン・スンユンは「トロントだけでなく、カナダ自体初めて訪問しました。初恋が忘れられないように、今日のこのツアーは絶対に忘れられないです」と語り、ファンを感動させた。

続いてイ・スンフンは「とても寒かったにもかかわらず、このように集まってくださったファンの皆さんにとても感謝しています。ここに来るまで時間がかかりましたが、本当に幸せです」と伝えた。

イ・スンフンとソン・ミノが観客席に向かい、即席で行われたインタビューではファンと一緒に歌を歌うなど、忘れられない思い出をファンにプレゼントした。

トロント公演を終えたWINNERは本日(29日)、北米ツアーのフィナーレを飾るニューヨークで公演を行う。

 記者 : ウ・ビン、翻訳 : 浅野わかな