チュ・ジフン&チン・セヨン vs キム・ガンウ、超能力アイテムをめぐる対立…新ドラマ「アイテム」予告映像公開(動画あり)

写真=MBC

MBCの新月火ドラマ「アイテム」の予告映像が公開された。

「アイテム」は、黒幕検事カン・ゴン(チュ・ジフン)とプロファイラーのシン・ソヨン(チン・セヨン)が特別な超能力を持つアイテムを獲得しようとする人間の欲望の中に隠された陰謀と秘密を暴くファンタジーブロックバスターだ。

29日に公開された予告映像には、アイテムの存在を知ったカン・ゴンとシン・ソヨン、そしてそのアイテムの力で悪魔的欲望を爆発させているチョ・セファン(キム・ガンウ)の対立が描かれている。

陰湿な現場を見て回りながら「何か不吉なことが起こり始めました」というカン・ゴンと「とんでもないことが起きています」というシン・ソヨン。果たして混乱に陥った二人が感知したその“不吉なこと”が一体何なのかという疑問の中で、「これがあるから本当に面白い。平凡な物なのに、これで人を殺せるじゃないか」と言いながらチョ・セファンが登場した。すでにアイテムを悪用した殺人を楽しんでいることが暗示されたのだ。また、彼が持っているポラロイドカメラと、吸い込まれるように渦巻いている瞳が演出され、好奇心を刺激した。

そして不吉で信じられないことだと、事件の本質を想像もしていなかったカン・ゴンとシン・ソヨンも「特別な力を持った物で殺害したのなら」という仮説を立て、ミステリーに近づき始めた。アイテムの存在を認知し、その力を目撃することになった2人が一緒に危機から脱し、誤った欲望の実現を防げられるかどうかが見どころポイントだ。

何より今回の予告映像で目を引くのは、正体不明、身元不明の人物が不可抗力の力を発散し、カン・ゴンがこれを止めようと必死になっているというところだ。また、アイテムが“平凡な物”であるということが分かり、一瞬で通り過ぎていくすべてのアイテムを集中して見るように作られた。これに先立って、スペシャル予告ポスターを通じて公開されたアイテムが合わさったシンボルが刻まれた本も登場し、好奇心を刺激した。

「アイテム」の関係者は、「公開された予告映像には『アイテム』の存在を認知し始めたカン・ゴンとシン・ソヨンの姿が収められている。すでにアイテムを所有し、その能力と使い方を知っているチョ・セファンをはじめ、アイテム所有者の悪質な欲望を防ぎ、その背後に隠された真実を暴くことができるか、2月11日の初放送まで期待と関心をお願いしたい」と伝えた。

「アイテム」はカカオページで人気連載中の同名のウェブ漫画が原作だ。ドラマ「君を守りたい~SAVE ME~」のチョン・イド作家が執筆を、「グッバイ、ミスターブラック」の共同演出、短編ドラマ「ハウス、メイト」のキム・ソンウクプロデューサーがメガホンを取った。

 記者 : ユ・チョンヒ、翻訳 : 浅野わかな