BIGBANGのV.Iが運営するクラブ側、暴行事件についてコメント「真実が究明されるよう捜査に協力する」


BIGBANGのV.Iが運営するクラブのバーニングサン側が、暴行事件に関してコメントした。

バーニングサンの代表取締役イ・ソンヒョン、イ・ムンホは29日、公式SNSで「現在議論になっているバーニングサン暴行事件の立場表明」というタイトルで文章を掲載した。

バーニングサン側は「今月28日、MBCニュースで報じられた江南(カンナム)クラブ暴行事件に関連し、さまざまな疑惑と論争が誘発されているものと理解している。クラブ職員がセクハラ被害を訴える女性客の苦情を受け、対応する過程で発生した事件だ」と釈明した。

続いて「クラブ職員が暴行で物議をかもした点について、運営陣を代表して、心からの謝罪と遺憾を表明する。事件に関連したCCTV映像すべてを捜査機関に提供した。報道で提起された各種疑惑について、真実が徹底的に究明されるよう協力する」と述べた。

また、「暴行事件に関係したクラブ関係者については、それに対する責任を問い、懲戒および退社措置を進めた。クラブ職員に対する教育と安全、保安関連マニュアルの改善など、今後の再発防止のための措置に最善を尽くす」と述べた。

写真=バーニングサンSNS、MBC「ニュースデスク」放送画面キャプチャー

【バーニングサンの公式コメント全文】

現在、2019年1月28日の夕方8時に、MBCニュースで報じられた江南(カンナム)クラブ暴行事件に関連して、様々な疑惑と論争が誘発されているものと理解しています。

当事件は、クラブ職員がセクハラ被害を訴える女性客の訴えを受け、対応する過程で発生した事件です。当クラブ職員が暴行で物議をかもした点について、クラブ運営陣を代表して謝罪と遺憾を表明します。

当クラブは事件に関連した詳細な経緯が記録されたCCTVの映像すべてを捜査機関に提供するなど、報道で提起された各種疑惑について真実が徹底解明されるよう、捜査過程で必要なすべてのことにおいて協力します。

また、当該暴行事件に関連するクラブ関係者に対しては、その責任を問い、懲戒および退社措置を進め、クラブ職員に対する教育、安全、保安関連マニュアルの改善など、今後の再発防止のための措置において最善を尽くします。

株式会社バーニングサン・エンターテインメント代表取締役 イ・ソンヒョン、イ・ムンホ

 記者 : ノ・ギュミン、翻訳 : 浅野わかな