防弾少年団 ジョングク「覆面歌王」出演当時の映像が再び話題に…あどけない姿&甘い歌声にメロメロ

写真=MBC放送画面キャプチャー

防弾少年団のあどけない姿が、人々をにこやかにさせた。

本日(5日)午前、韓国で放送されたMBC「旧正月特集 話題の覆面歌王」で“フェンシングマン”として出演した防弾少年団のジョングクの姿が視線を奪った。

この日番組では、2016年8月にフェンシングマンの仮面を被ったジョングクの姿が公開された。今よりもあどけない顔と声のジョングクは、清涼で甘い歌声で耳をとらえた。

判定団のチョ・ジャンヒョクも「音源ボイスだ。イヤフォンをして聴いているとき『わぁ、この声とてもいい』というボイスを持った人だ」と称賛した。

ジョングクは当時「今年20歳になったのですが、成人式をしっかり執り行いたくて『覆面歌王』に出ることになった」と伝えた。

彼は「歌が好きで愛している1人の子がいるということを知らせたかった。今後も地道に成長して、耳を癒して感動を与えられる1人の歌手になりたい」と答えた。

防弾少年団 ジョングク「覆面歌王」出演の感想を公開“いつかはボーカルの実力を認めてくれる日が来ると信じていた”

 記者 : ウ・ビン