防弾少年団、グラミー賞「ベストR&Bアルバム部門」のプレゼンターとして登場“また来たい”

写真=Mnet 第61回グラミー賞放送画面キャプチャー

防弾少年団が韓国歌手としては初めて「グラミー賞」に参加した。ステージに上がったRMは「また(グラミー授賞式に)来ます」と話した。

防弾少年団は10日(現地時間)、米ロサンゼルスのステイプルセンターで開かれた第61回グラミー賞(61th GRAMMY Awards)で「ベストR&Bアルバム部門」のプレゼンターを務めた。

第61回グラミー賞は、多くの歌手が候補リストに名を連ね出席を確定し、早くから話題を集めていた。特に、防弾少年団が韓国歌手としては初めてプレゼンターとして登場し、さらに注目されていた。防弾少年団は、歴代のグラミー賞受賞者であるアレッシア・カーラ、ジョン・メイヤー、メーガン・トレイナーなど世界的なアーティストたちと並びプレゼンターとして名を連ねた。

ジェニファー・ロペスの公演後、ステージに上がった防弾少年団は「夢に描いた授賞式に来ました。また来たいです」と力を込めて述べた。彼らは歌手のH.E.Rの名を呼び、トロフィーを手渡した。H.E.Rは「一人で作った音楽ではない。多くの人の助けにより完成しました」と話し「皆さんがいたからこそこの場に立つことができます」と話した。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな