元TEENTOP ビョンホン、SBSドラマ「緑豆の花」に出演決定…チョ・ジョンソクと共演

写真=The Kim Company

元TEENTOP ビョンホンが、SBS金土ドラマ「緑豆の花」に出演する。

「緑豆の花」は1894年、東学農民革命の歴史の中で農民軍と討伐隊に分かれて戦わなければならなかった異母兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーを描いたドラマだ。

「鄭道伝(チャン・ドジョン)」や「ラスト・チャンス!~愛と勝利のアッセンブリー~」などのチョン・ヒョンミン作家と、「根の深い木」 「六龍が飛ぶ」など、線の太い演出家のシン・ギョンスプロデューサーが意気投合して期待を集めている作品だ。

映画の中で、ビョンホンはチョン・ボンジュン指揮下の別動隊の斥候兵である”稲妻”役を演じる。銃刀が飛び交う戦場で石弓を手にし、敵陣をかき乱す役柄だ。おかっぱ頭をした古臭い外見は紛れもなく子どもだが、主人公のペク・イガン(チョ・ジョンソク)に対する過去の恨みで、心の中に強い毒を抱えているキャラクターでもある。

役者に転向したビョンホンは初心に戻り、大学路のステージに地道に上がった。「工場長ボン作家」「スペシャル・ライアー」「隠密に偉大に」「Sダイアリー」「あの夏、動物園」「戻悼」などの演劇やミュージカルに出演した。また、映画「絶壁の上のトランペット」、WEBドラマ「エブリデイ・ニューフェース」「魔法瓶」、tvN「花じいさん捜査隊」、OCN「失踪ノワールM」、SBS「タンタラ」、tvN「ゴハン行こうよ3」に続き、MBC「神との約束」などに出演した。

 記者 : ユ・チョンヒ、翻訳 : 浅野わかな