N.Flying「屋根部屋」でデビュー後初のランクインに成功“ファンの皆さんが誇らしい”

写真=FNCエンターテインメント

N.Flyingの曲「屋上部屋」が今月17日から音源チャートで逆走中だ。

「屋上部屋」は17日午前0時、MelOnリアルタイムチャートTOP100に初めてランクインした。「屋上部屋」の初ランクインで、N.Flyingはデビュー後初めてランクインに成功したのだ。「屋上部屋」は本日(18日)午前1時現在、同チャート31位まで上がるなど順位が上昇している。Bugs!とgenieではそれぞれ9位、15位まで記録し、安定的な逆走に突入した。

「屋上部屋」は1月2日に発表したN.Flyingの年間プロジェクト「FLY HIGH PROJECT」の2ndシングルだ。昨年末、日本公演で未公開自作曲で初めて披露した後、予想外の爆発的な反応に予定になかった韓国国内の音楽放送活動を決定した。今年1月の正式発表後、一時、日刊紙順位1000位圏の外に押し出されたりもしたが、上昇の勢いを確認し、音楽放送活動を延長。逆走行は活動終了から1週間後に起きた。

メンバーもデビュー4年余りで初めて見る逆走行に驚きを隠せなかった。リーダーのイ・スンヒョプは「夢だと思いました。『屋上部屋』を好きになってくださったことだけでも僕たちN.Flyingがより成長できるきっかけになりました。それで感謝の気持ちをSNSにアップするやいなやチャートにランクインしました」と話し「その時、自分の部屋で作業の準備していたのですが、フェスンが作業部屋に飛び込んで来てメンバーたちと抱き合って喜びました。あまりにも幸せで、何よりもファンの皆さんが誇らしいです」と語った。他のメンバーもSNSを通じて、ファンクラブ「N.Fia」に感謝の気持ちを伝え、逆走行の喜びを満喫した。

「屋上部屋」は屋上から夜空を眺めている恋人たちの日常的な瞬間を描いた歌だ。

 記者 : キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな