熱血男児、UNB出身マルコが合流…3月6日に完全体でカムバック

写真=OPUSエンターテインメント

グループ熱血男児が新たな歩みを始める。

熱血男児の所属事務所OPUSエンターテイメントは、22日から熱血男児の2ndシングル「YOLO」の団体、および個人のコンセプト写真を公開した。

以前の熱血男児では見れなかった堂々かつクールなイメージを強調した。また、2枚目のコンセプト写真では、リラックスした服装でポップな雰囲気を演出した。

熱血男児は3月6日に「YOLO」をリリースし本格的な活動に乗り出す。活動に先駆けてコンセプト写真を公開しファンの期待を高めている。

2017年8月に「Make it ride」でデビューした熱血男児は、タイトル曲「ブルンブルン」で注目を集めた。昨年8月にはタロ、ジサン、ギュヒョクで構成されたユニットグループ“タジヒョク”を結成し、バラード曲「待つ」で活動した。

何よりも今回の新曲には、KBS 2TV「The Unit」に出演し、プロジェクトグループUNBで活動したマルコが合流する。一層成長し帰って来たマルコとメンバーが作り上げるハーモニーに期待が高まる。

OPUSエンターテイメントの関係者は「今までの熱血男児とはまた違った魅力を出そうと努めた」とコメントしている。

 記者 : キム・ハジン、翻訳 : 前田康代