ASTRO チャ・ウヌ、新ドラマ「新米史官ク・ヘリョン」出演決定…恋愛小説を書く朝鮮王子役

写真=ファンタジオ

ASTROチャ·ヌがMBC新ミニシリーズ「新米史官ク・ヘリョン」の出演を確定し、デビュー後初めての地上波主演となる。 

「新米史官ク・ヘリョン」19世紀初めを背景とするフィクション時代劇だ。別種として取り扱われていた女性史官たちが男女には区別あり、身分には貴賎があるという古い真理に立ち向かい、変化という大切な種を植えるストーリーだ。 

「新米史官ク・ヘリョン」でチャ·ウヌは桃源大君イ・リム役を演じる。王位継承序列第2位のイ・リムは、宮廷で暮らす孤独な生涯独り身の王子だが、城外では漢陽(ハニャン)を弄ぶ人気絶頂の恋愛小説家だ。二重生活をする中で、正直な士官であり合法的なストーカーであるク·へリョン(シン·セギョン)と結びつきながら胸が騒ぐ愛の感情とともに、城外の真の世界を知ることになる。

チャ·ウヌは所属事務所のファンタジオを通して「台本がとても面白くて、女性士官という素材が新鮮で素敵だと思った」と話し、「何よりもイ・リムというキャラクターが僕をときめかせた。孤独な運命に生まれ、すべてが苦手でしかなかったイ·リムの成長をうまく描きたい」とドラマに出演するきっかけを明らかにした。続いて「成長する姿をお見せするために最善を尽くす。多くの期待をお願いしたい」と覚悟を決めた。

チャ·ウヌはグループASTROのメンバーとして音楽活動だけでなく、バラエティー、番組進行など、多方面で活躍している。昨年はドラマ「私のIDは江南美人」でキャンパス·冷美男子ト·ギョンソク役を演じ、ライジング演技アイドルとして浮上した。 

「新米史官ク・ヘリョン」7月に初放送される予定だ。

元記事配信日時 : 2019034 1010 記者 : キム・ジウォン、翻訳 : 浅野わかな