BIGBANGのV.I、「性接待疑惑」カカオトークのチャットにまた別の芸能人も…一部参考人調査に

写真=YG ENTERTAINMENT

BIGBANGV.Iが性接待斡旋の容疑を受けて被疑者として立件された中で、海外投資者の性接待を暗示する会話内容が盛り込まれたカカオトークのチャットに参加していた他の芸能人も警察の調査を受けていたことが確認された。 

11日、警察によると、ソウル地方警察庁広域捜査隊は最近、カカオトークのチャットルームに登場する他の芸能人の中で一部を呼んで参考人調査を終えた。対話ルームでどのような内容が交わされたのか尋ねたという。チャットルームには歌手としてデビューし、活発に放送活動をするA氏も含まれているという。 

これに先立ち、あるメディアは、V.I2015年に投資会社ユリホールディングスのユ代表、クラブアリーナの元職員で、現バーニングサン職員のキム氏などと交わした対話内容を公開し、性接待の疑惑を提起した。警察は性接待を暗示するカカオトークの対話の内容に一貫性があると見て、一部の対話内容の原本を確保し、分析している。 

事件を捜査中の警察は10日、「V.Iを被疑者の身分に転換した。近く再召喚して調査する計画」だと明らかにした。

元記事配信日時 : 20190311 1046 記者 :キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな