CJ ENM&Big Hitエンターテインメント合作…パン・シヒョク印新K-POPアイドル披露

写真=BELIFT LAB

双方が11日、CJ ENMと防弾少年団の所属事務所Big Hitエンターテインメントが合弁法人 BELIFT LABを設立し、2020年に新K-POPアイドルグループを誕生させると発表した。

BELIFT LABは資本金70億ウォン規模で設立された。Big Hitエンターテインメントのバン·シヒョク代表が新グループのプロデュースを担当し、30日から韓国、米国、日本など海外で公開オーディションを行う。

双方は、国内外で積み上げたノウハウをもとに、防弾少年団の後を継ぐアイドル発掘や育成、レコード企画や制作などを共同で推進するために手を組んだ。 CJENMは放送とコンサート、アルバム流通などを支援し、Big Hitエンターテインメントはプロデューシングシステムを通じてアーティストの制作を担当する。

BELIFT LABのキム·テホ代表は「当社の主な事業領域はコンテンツIP(知的財産)を基盤にしたエンターテインメントとメディア事業」だと話し、「韓国最高のコンテンツ企業とエンターテイメント企業の合作であるだけに市場の期待に応える結果を見せる」と述べた。

元記事配信日時 : 20190311 10時23 記者 :キム・スギョン、翻訳 : 浅野わかな