2NE1出身のBOM、カムバック前に疑惑を釈明…「麻薬投薬NO、未だにADD治療中」

写真=D-NATION

グループ2NE1出身の歌手BOM13日、デジタルシングルアルバム「Spring発売を前に、自身をめぐる疑惑について説明した。

BOMの所属事務所D-NATION13日「今春のニューアルバム発売記念ショーケースに先立ち、BOM関連した一連の事件について事実と異なる部分を正し、韓国内活動を始める」と明らかにした。

2010年、国際特送郵便で米国から「アンフェタミン」という医薬品を持ち込んできた件について、「現在までも麻薬密輸、麻薬密搬入などの表現で言及されているが、BOMは明らかに麻薬はしていないため、この部分を訂正したい」と述べた。 

続いて「アンフェタミンは処方箋を受け取ってこそ買える、米国のFDAが正式に承認した合法的な医薬品だ。但し、まだ韓国の国内法では麻薬類に分類される抗精神性医薬品で流通が禁止されており、当時これを正確に認知できずに、無知から始まった行動で物議をかもした点に対しては申し訳ない限りだ」と話し、「しかし現在韓国国内で許可を受けた多数の医薬品も広範囲に麻薬類に分類されており、これを服用したからといって全て麻薬をしているとは表現していない。BOMも治療を目的に服用中で、当時行った尿検査を通じても成分が全く検出されず、これに対し警察でも状況と証拠が認められ、調査が終了した」と付け加えた。 

D-NATION関係者は「今春は、現在までもADD(注意力欠乏症)という病を患っており、韓国の大学病院で治療を受けながら韓国で服用できる成分の似通った合法的な薬を処方されて服用している」と話し、「今でも病気に勝とうと努力しており、苦しい時間があったが、また勇気を出して独り立ちしようとしています。新しいスタートに先立ち、非常に慎重だが、今は少しずつ温かい視線で見てほしい」と話した。

元記事配信日時 : 20190313 0955 記者 :キム・ハジン、翻訳 : 浅野わかな