警察、「チョン・ジュンヨンの携帯を復元不可能にするように」要求

写真=SBS8時ニュース」

警察がチョン·ジュンヨンの携帯電話を「復元不可能にしてほしい」と2016年、業者に要求していたことが明らかになった。警察と芸能界の黒い癒着関係が明るみになり、波紋が広がっている。

SBSテレビの「8時ニュース」は13日、「2016年にチョン·ジュンヨン氏事件を捜査した警察が、当時チョン氏の携帯電話を復元した私設のフォレンシック業者に電話をかけ、復元不可能なものにするようにと要求していたことが分かった」と報じた。 

チョン·ジュンヨンは2016年に恋人の身体を撮影した容疑(性暴力犯罪の処罰などに関する特例法違反)で提訴され、検察の捜査を受けたことがある。警察が、当時犯行に使われた携帯電話を家宅捜索するどころか、復元された資料までなくそうとしていた状況が明らかになった。

番組では、警察がフォレンシック業者側に証拠を隠滅してほしいという証拠隠滅を教唆する内容が録音されたファイルも公開した。録音では2016年にチョン·ジュンヨン事件担当警察官が「機械が古くて老朽化したので、データ復旧不可として確認書を一つ書いて欲しい」と話す内容が含まれている。

これに先立ち13日、ソウル地方警察庁広域捜査隊は、チョン·ジュンヨンが携帯電話の復旧を任せた私設フォレンシック業者に対して捜査官10人余りを投入して家宅捜索を行った。しかし、3年も過ぎた今、家宅捜索が大きな意味があるのか疑問だという見方が大半を占めている。

写真=SBS8時ニュース」

一方、ミン·ガブリョン警察庁長官は13日、バーニングサンなど関連緊急懇談会の席で、「警察の最高位層まで関与しているという癒着不正疑惑に対し、警察のすべての力量を総動員して徹底的に捜査·監察を行う」と述べた。

元記事配信日時 : 20190313 2024 記者 :キム・ミョンサン、翻訳 : 浅野わかな